アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所

提供: 旅ウィキ
2015年10月26日 (月) 19:38時点における椋木昭夫 (トーク | 投稿記録)による版 (見学情報)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所はナチの建てた強制収容所である。その跡地は、現在国立博物館として見学できる。ユネスコの世界文化遺産に登録されている。 詳しくはWiki-w.jpgアウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所参照。


地図を別窓で開く   ビルケナウの航空写真

地図を別窓で開く   アウシュビッツの航空写真

アウシュヴィッツ=ビルケナウの自由旅行ガイド

海外発着区間航空券もLCCも一発検索・安心日本語サポート

交通 Transportation

行き方

クラクフを起点にするのが一般的。カトヴィツェからも行ける。

クラクフからバスで

ビルケナウ行き無料バス乗り場

クラクフからバスを使うのが最も便利。クラクフバスターミナルから、Oświęcim行きに乗る。1時間に1~2本。運賃は片道14zł。ターミナル内の切符売り場で購入するか運転手さんに乗るときに支払う。 時刻表は、RDAサイトで得られる。ちなみに朝8:25、8:30、9:00、9:20、9:30、9:55、10:05の便(2012.6.20水のダイヤ)がある。所用時間は1時間30分ぐらい。アウシュビッツ、ビルケナウ間は無料の連絡バスが10:30~17:30の間30分に1本出ている。所用10分ほど。ビルケナウからクラクフに戻るには、無料バスで一旦アウシュヴィッツに戻り、管理棟外のバス停からクラクフ行きに乗る。

クラクフから鉄道で

直行または、TRZEBINIA乗り換え。クラクフ(Krakow Glowny駅)発4:45~23:10土日を除き1日18本、ほぼ1時間に1本、所要時間77~90分。オシフェンチム(Oswiecim駅)発3:32~19:20土日を除き1日17本、1~2時間に1本。(トーマスクック2012冬版)最新の時刻はドイツ国鉄サイト England-flag.gif で検索できる。Oswiesim駅から博物館まで徒歩20分。バスの便もある。

●世界最大級の現地ツアー検索サイト→[ 検索窓を開く ]

観光 Sightseeing

見学情報

アウシュビッツ管理棟
バス停のすぐ前に管理棟があるので、そこから入場する。中に入場券売り場のようなものがあるが、それは見学ツアーの切符売り場で、オーディオガイドを使用しての見学ツアーに参加しない場合は入場は無料である。オーディオガイドには、各国語が用意されているが、日本語はない。日本語での案内を希望する場合は、博物館唯一の公認日本語ガイドである中谷剛氏(Email:nakatani@wp.pl)にあらかじめ案内を予約しておく必要がある。見学所用時間は、アウシュビッツだけで2~3時間みておいた方がいい。午前中アウシュビッツを観て、管理棟のセルフサービスレストランで昼食を食べ、午後にビルケナウに行くと、4~5時間を要し、朝クラクフを出て夕方クラクフに戻る1日コースとなる。
  • 4月1日から10月31日の10:00~15:00はガイドツアーに申し込まないと入場できない。英語ツアーは30分おきで、定員は各30人。空いていれば窓口で申し込み参加できるが、英語ツアーは人気があるので、2週間ぐらい前には予約が埋まってしまう。あらかじめオフィシャルサイトで予約していくのがのぞましい。大人35.00 zł、学生25.00zł。4月~10月に無料で入場し、自由に見学したい場合は8:00~10:00か15:00~閉館時間の間に訪問しよう。

開館時間

開館時間は下記のとうり。1月1日、12月25日とイースターサンデイは休館になる。

  • 8:00 AM - 3:00 PM 12月から2月
  • 8:00 AM - 4:00 PM 3月、11月
  • 8:00 AM - 5:00 PM 4月、10月
  • 8:00 AM - 6:00 PM 5月、9月
  • 8:00 AM - 7:00 PM 6月から8月

([オフシャルサイト]より、2012年8月。)

食事 Foods

レストラン

アウシュヴィッツ管理棟の中にセルフサービスの食堂がある。

買い物 Shopping

みやげ

アウシュヴィッツ管理棟の脇に1店と中に1店、ビルケナウの監視棟の中にも1店あり、ガイドブックや写真集、関連書籍、ポストカードなどを売っている。日本語の簡単な公式ガイドブックもある。

ユースフルリンク Useful Links

公式サイト

その他の外部リンク

役に立つ旅行記リンク

参考になる本