イギリス

提供: 旅ウィキ
移動先: 案内検索

England-flag.gif
イギリス都市別ガイド

[インデックス非表示]

グレートブリテン及び北部アイルランド連合王国(英: United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland)、通称の一例としてイギリス、あるいは英国(えいこく)は、ヨーロッパの主権国家である。ヨーロッパ大陸の北西岸に位置し、同国はグレートブリテン島、アイルランド島北東部、その他多くの島嶼を含む。北アイルランドイギリスの一部であり、アイルランド共和国と国境を接する。この国境の他に、イギリスは大西洋に囲まれ、東に北海、南にイギリス海峡がある。アイリッシュ海は、グレートブリテン島とアイルランド島の間に位置する。イギリスの総面積は243,610km2であり、世界第78位及びヨーロッパ第11位である。イギリスの人口は2013年時点で推計6,410万人であり、世界第22位である。同国の統治は、議院内閣制の立憲君主制に基づいている。首都ロンドンは、ヨーロッパ第2の規模の都市的地域及びユーロスタットによれば欧州連合最大の約1,400万人の人口を有する都市圏であり、重要な世界都市及び金融センターである。現在の君主は、1952年2月6日以来エリザベス2世である。同国は4つの国で構成され、イングランドウェールズスコットランド北アイルランドがこれに該当する。後者3つは各々異なる権限を委譲された政権を有し、首都は各々カーディフエディンバラベルファストである。ガーンジー、ジャージー、マン島イギリスの一部ではなく、イギリス政府が防衛及び国際的表示に対して責任を負う王室属領である。イギリスは、紛争中のフォークランド諸島、ジブラルタル、インド洋地域を含む14の海外領土を有する。イギリス内の各国間の関係は、時とともに変化してきた。ウェールズは1536年及び1543年の統一法の下、イングランド王国により併合された。イングランド及びスコットランド王国間の連合条約により、1707年にグレートブリテン王国に統合され、1801年にはアイルランド王国と合併してグレートブリテン及びアイルランド連合王国を形成した。1922年、アイルランドの6分の5が同国から脱退し、現在のグレートブリテン及び北アイルランド連合王国を形成した。以前の植民地であるイギリスの海外領土は、19世紀後半及び20世紀前半に絶頂期を迎え、世界の陸塊のほぼ4分の1を網羅し、史上最大の帝国であったイギリス帝国の名残である。イギリスの影響力は、以前の植民地の多くの国で、英語、文化、法制度において観測される。イギリスは先進国であり、名目GDPで世界第6位、購買力平価では世界第10位である。同国は高所得国であると考えられ、人間開発指数は世界第14位で「非常に高い」に分類される。同国は世界初の工業化が成された国であり、19世紀から20世紀前半までの間、世界最高位の大国であった。同国は依然として列強であり続け、経済、文化、軍事、科学、政治で国際的な影響力を有する。同国は核保有国として認められており、軍事費は世界第5位又は第6位である。1946年の第1回国際連合安全保障理事会以来、同国は同理事会常任理事国である。同国は欧州連合 (EU) 及びその前身である欧州経済共同体 (EEC) の1973年以来の加盟国であり、イギリス連邦、欧州評議会、G7、G8、G20、北大西洋条約機構 (NATO)、経済協力開発機構 (OECD)、世界貿易機関 (WTO) 加盟国でもある。CC BY-SA 3.0104px-Wikipedia-logo-ja.png

 ●イギリス全図
[ 地図を隠す ]

目次

イギリスの自由旅行情報

一般 General information

入国

短期滞在(Visitor)とは、観光や親族・知人訪問(General Visitor)、商用(Business Visitor)、や短期留学(Student Visitor)などを目的とする、6か月を超えない滞在のことです。日本のパスポート所持者は短期滞在では、事前に査証を取得する必要はありません。<2012.6.6.日本国外務省サイト>入国に関しては、飛行機の入国の場合、入国カードに記入して、入国審査を受ける必要がある。主要な質問は、滞在目的、滞在期間、滞在予定場所、イギリスを出たあとどこへ行くか、帰りの航空券は所持しているか、など。

言語

Wiki-w.jpg英語。米語とは異なる表現も多いが、日本人には米語より聞き取りやすい。方言やスラングもある。また、一部の地域では、英語以外に中英語から分離したWiki-w.jpgスコットランド語や、先住民族であるWiki-w.jpgケルト民族の言語(Wiki-w.jpgウェールズ語Wiki-w.jpgゲール語など)が話されている。

気候と服装

北緯50度から60度と北に位置している割には、暖流の関係で、同緯度のヨーロッパ内陸よりは温暖である。湿気も多く、霧が出やすく曇りがちな空も名物である。旅行者は日照時間を知っていると計画を立てやすい。冬場は4時には日が暮れるが夏は9時でもまだ明るい。Wiki-w.jpgロンドンに詳細データがある。また、天気予報は、wunderground.comで訪問都市ごとの詳細データを入手できる。

通貨

イギリスの通貨はWiki-w.jpgポンド(スターリングポンド,Pound,£で表記)で、補助通貨はWiki-w.jpgペンス(Pence,Pで表記)である。スコットランドや北アイルランドでは、独自の紙幣が発行されているが、その地域以外では通用しないので注意が必要。最新のレートは、右の通貨コンバーターで得られる。地元の人はポンドのことをクイッド(Quid)ペンスのことをピー(P)という場合もあるので覚えておくと便利。

両替

カードキャッシングが最もレートがよい。日本でポンドのトラベラーチェックを作っていくのがつぎにレートがよいが、管理がめんどう。現金の場合日本のレートのよい銀行で両替していくのが最も得だが、かなり目減りする。カードを中心にし、現金は最小限にしたほうがよい。

チップ

チップの習慣はある国であるが、チップを払わない人も多い。高級ホテルに泊まったときは、ポーターに荷物1つについて50p~£1ぐらい。メイドは、ベッド1つについて50p~£1程度。レストランは、10%~15%、タクシーも10%~15%ぐらい。チップをあてにした生活をしている人は少ない。

時差

イギリスはグリニッジ標準時(GMT)を使用しており、世界標準時間(UTC)との時差はない。日本時間(JST)との時差9時間で、日本の方が、9時間進んでいる。日本からイギリスに飛ぶときは時計を9時間戻す。イギリスから日本に飛ぶときは、時計を9時間進める。サマータイム(Wiki-w.jpg英国夏時間、BST 、UTC+1)を実施していて、3月最終日曜日の午前1時(夏時間では午前2時)から10月最終日曜日の午前1時(夏時間では午前2時)までは、日本との時差は8時間になる。隣国フランスオランダデンマークノルウェーとの間には1時間の時差があり、ポルトガルアイルランドとの間に時差はない。

治安と安全

犯罪発生状況

英国の治安は比較的良好であるといわれるが、盗難等の財産犯罪は先進国の中では特に多いとされている。また、自動車盗難、車内に放置した荷物の窃盗、暴行及び性犯罪も多発している。英国の犯罪統計によれば、2011年の犯罪件数は約446万件(イングランド及びウェールズ:約404万件、北アイルランド:約10万件、スコットランド:約32万件)となっている。(統計の算出方法が異なるため単純な比較はできませんが、人口が約2倍の日本の犯罪認知件数は約 148万件(2011年)。)このうち、ロンドンでは年間約81万件の犯罪が発生しています。主な犯罪被害は以下のとおりです。

[---さらに詳しい情報を見る---]
海外発着区間航空券もLCCも一発検索・安心日本語サポート

交通 Transportation

日本からイギリスへの交通

日本からイギリスへの航空便

S35EU0023.jpg

日本航空(JL)、全日空(NH)、英国航空(BA)のノンストップ便が就航している。ノンストップで12時間前後。他、ヨーロッパ系、アジア系の無数の便が、その国経由でロンドンへ飛んでいる。また、ヨーロッパ系航空会社は、マンチェスターエジンバラ、への便もある。下記のサイトでは、200社以上の旅行会社の中からイギリスへの格安航空券を一発検索できる。2012年夏の相場は燃油税別で4万ぐらい、燃油込みで8万ぐらいから。(バージンアトランティック航空)は2015年で運航中止となった。
東京発着(安い順)  ●大阪発着(安い順)  ●名古屋発着(安い順)  ●その他発着(安い順)
その他、下記の有名格安航空券販売サイトも要チェックである。イギリス行きを一発検索する。
イーツアー  ●スカイゲート   ●トルノス(JTB)  ●楽天トラベル

イギリスと周辺諸国との交通

イギリスと周辺諸国との航空便

イギリスのブリティッシュ・エアウェイズ(BA)、ヴァージン・アトランティック航空(VS)の他に、Wiki-w.jpgブリティシュ・ミッドランド航空(bmi,ビーエムアイ,BD)、ローガンエアー、フライビーイージージェットライアンエアーなどの格安フライトが、ヨーロッパ各地を結んでいる。イギリス発着の格安航空会社 (LCC)を含むフライトの格安チケットはExpediaU.K. England-flag.gif やMonarch Flights England-flag.gif でゲットできる。たとえば、ロンドンマドリッドパリ行きはEasyjetで£46~。ローマ行きは、Monarchで£38~と激安だ。

[検索窓を開く] England-flag.gif 

イギリスと周辺諸国との鉄道便

ユーロスターロンドンパリブリュセルを約2時間で結んでいる。ユーレイルパスブリットレイルパスなど、どちらかの国で有効なパスを保持していれば、割引き料金で乗車券を購入できる。6ヶ月以上イギリスに住んでいる人は、インターレイルパスを購入するとヨーロッパを安く旅行できる。

日本でのヨーロッパ鉄道切符通販比較

イギリスと周辺諸国とのバス便

ヨーロッパの主要都市に向けて、格安のバスが運行されている。たとえばパリブリュッセルアムステルダムまでは£20ぐらいからお値打ち。日本から予約でき、信頼できるバス会社として、ヨーロッパ全土に路線を持つユーロライン社がある。お得なバスパスも販売されている。

イギリスと周辺諸国との船便

隣接する、フランススペインポルトガルアイルランドノルウェーデンマークオランダと定期航路で結ばれている。

イギリスの国内交通

イギリスの国内交通をチェックするのはトラベルラインが便利である。出発地と目的地、日付と時間を入れれば、所要時間や交通手段が瞬時に出てくる。

イギリスの国内線航空便

ロンドンを中心に、Wiki-w.jpg英国航空(ブリティシュ・エアウエイズ、BA)、Wiki-w.jpgブリティシュ・ミッドランド航空(bmi,ビーエムアイ,BD)、ローガンエアー、フライビー England-flag.gif 、イージージェットライアンエアー England-flag.gif などの路線があり、競合路線では、格安のフライトが利用できる。スコットランドや北アイルランド、周辺離島へ行くには便利。イギリス国内の格安航空会社 (LCC)を含むフライトの格安チケットは、

[検索窓を開く] England-flag.gif 

でゲットできる。たとえば、ロンドンエジンバラ行きは英国航空でで£46~。

イギリス国内の鉄道網

ネットワークレイル(インフラ管理会社)の鉄道網が全国にあり、だいたいの場所は鉄道で移動できる。かつては国鉄であったが、現在は20の私鉄に分割民営化されている。それらのネットワークレールに列車を運行する20の鉄道会社を総称してナショナルレイルと呼ばれる。ナショナルレイルに属するすべての鉄道会社に使えるブリットレイルパスなどの鉄道周遊パスも種類が豊富で、安く鉄道をつかって旅行することが可能。イギリスは鉄道が世界最初にできた国(リバプールマンチェスター間)で、マンチェスターヨークには博物館もある。日本でのブリットレイルパスの購入や鉄道の予約は旅ステーションが安くて便利。

  • イギリス国内の鉄道時刻・料金・検索予約は England-flag.gif →RAIL EASYが安い。

イギリス国内のバス(コーチ)便

ナショナルエキスプレス England-flag.gif の中長距離バス(コーチ)が全国に路線網を持つ。鉄道より安く旅行することができる。ロンドン市内では主にビクトリアコーチステーションより発着する。たとえば、ロンドン、リバプール間は£5ぐらいからと激安。また、ロンドンや各地の空港から直接発着する便も運行されており、格安航空会社 (LCC)との組み合わせで、安くて、スピーディーな移動を実現している。

  • イギリスの国内バス(コーチ)時刻・料金・検索予約は、下記。 England-flag.gif 
[ 検索窓を開く ]

イギリス国内の船便

レンタカー

日本と同じ右ハンドルで運転は困難ではない。しかし、道路は複雑で、ラウンドアバウト(ロータリー交差点)やバスレーンなど、日本と交通事情が違うので、慎重な運転と前知識が必要。予約はRtentalcars.comで比較安値で予約できる。道が複雑なので、カーナビの予約は必須。

●世界最大級の現地ツアー検索サイト→[ 検索窓を開く ]

観光 Sightseeing

イギリスはWiki-w.jpg23の世界文化遺産Wiki-w.jpg4つの世界自然遺産Wiki-w.jpg1つの複合遺産がユネスコに登録されている。

イギリスの現地ツアー

イギリスでのスポーツ観戦

テニスやサッカーは本場である。イングランドプレミアリーグなどの観戦も自由旅行ならでは。チケットは、チケットはTicketmaster UK England-flag.gif でゲット。

イギリスで体験ツアー

フォーミュラーレーシングカー乗車体験や熱気球、スカイダイビングなど体験アクティビティーも豊富。情報、予約は、WISH England-flag.gif で。

食事 Foods

イギリスの朝食

外食で朝食を食べることは、大都市の駅周辺以外では大変難しい。通常は、宿で食べることになる。イギリスの朝食は、イングリッシュブレックファーストとよばれ、かりかりに焼いたベーコンに目玉焼き、マッシュポテトやマッシュルームが盛りつけられたプレートが出てくる。飲み物はジュースや紅茶が一般的。ホテルなどは、最近ではWiki-w.jpgビュッフェスタイルで、自分で選べるバラティ豊かな朝食が食べられるところも多い。B&Bやホテルは朝食付きで予約を取るところが多いが、朝食のみ別に頼むと£8~£15ぐらいする。安く上げたい場合は、前日にスーパーなどで、パンやチーズを仕入れておくと£1~3ですませられる。

イギリスの昼食

ランチをやっているレストランは多い。また、パブランチといって、パブでも食べられる。サンドイッチのようなものが一般的。フィッシュアンドチップスも有名なランチだ。飲み物と合わせて£8~15ぐらい。

アフタヌーンティー

午後の紅茶も、イギリスの名物。スコーンなどと一緒に、紅茶とおしゃべりを楽しむ。

イギリスの夕食

ビストロパブなどで、ラムステーキやシチューなど、やはり伝統的英国料理にチャレンジしたい。パブでビターをがぶがぶ飲んであまり食べない人もいる。ローストビーフも有名であるが、狂牛病の流行のせいか、近年では、ビーフはほとんど食べられない。ラム肉が主流である。

[検索窓を表示する]

宿泊  Accommodations
●人気1000+サイト横断!! 格安ホテル一発検索→

ホテルやB&B(ビーアンドビー、ベッドアンドブレックファースト)、ユースホステルなどがあり、割安に旅行をすることができる。

ベッドアンドブレックファースト

泊まってみたいイギリス独特の宿泊施設として、ベッドアンドブレックファースト(B&B)がある。日本でいうところの民宿やペンションであるが、フルイングリッシュブレックファーストがついている。ツインで£40~60ぐらいでお手頃の宿。その魅力は、個人経営で、宿のオーナーファミリーと交流できることである。宿の個性的インテリアやサービスも旅の楽しみの1つとなる。

マナーハウス

もう1つのイギリス独特の宿泊施設にマナーハウスがある。貴族の館を旅行者に貸す形の高級ホテルである。単に「マナー」と呼ばれたりもする。ドイツフランスの古城ホテルのイギリス版だ。

コテージ

●格安ホステル検索

都市
到着日
泊数 人数
通貨
Pwered by Hostelsclub

イギリスでは、休暇を貸別荘で過ごすのも一般的だ。たとえば、家族2人でコッツウォルズのカントリーハウスを6 泊借りた場合£245~で、1人1泊は£12.25となり、超格安旅行が楽しめる。食事は外食でもいいが、キッチンがついているので、ぜひ、セルフケータリング(自炊)を楽しみたい。不便な場所にある場合も多いので、レンタカーとの組み合わせがいい。英語遊学にももってこい。1週間単位が一般的だが最低は3泊から。人気のコッツウォルズを含む、全英3000以上のコテージから選べるSykes CottagesHoliday Cottagesで検索予約できる。

おすすめ予約エンジン

最もデータ量の多いホテル予約エンジンとして旅ステーションを推奨する。利用できる都市の一覧は、イングランドスコットランドウェールズ北アイルランド、で得られる。また、学生向け格安ホステルの検索エンジンとしてはホステルスクラブがある。

訪問したい都市、町や村、地域 Place of Interesting

イングランド

都市名 紹介 主なみどころ
ロンドン イギリスの首都であり、政治・経済・文化の中心。世界的主要都市の1つで、大英博物館初めみどころも多い。 大英博物館ロンドン塔Sekaiisan.pngバッキンガム宮殿ウエストミンスター寺院Sekaiisan.png
ケンブリッジ 大学の町。
オックスフォード 大学の町。
ストラトフォード・アポン・エイヴォン コッツウォルズ地方にある、Wiki-w.jpgシェークスピアの生まれた町。 シェイクスピアの生家ナッシュの家(ニュー・プレイス)ホーリー・トリニティ教会メアリー・アーデンの農場ホール氏の小農場ロイヤル・シェークスピアー劇場
バース 南西部の温泉町。
リーズ イギリス中部の都市。
カンタベリー 巡礼の町。世界遺産の教会が残る。 カンタベリー大聖堂Sekaiisan.png聖オーガスティン修道院Sekaiisan.png聖マーティン教会Sekaiisan.png
ヨーク 城壁に囲まれた観光の町。鉄道博物館も有名。 ヨーク・ミンスターイギリス国立鉄道博物館ヨーヴィック・バイキング・センター
マンチェスター 産業革命の発祥地として知られる。MOSI(産業科学博物館)は必見。 マンチェスター産業科学博物館
バーミンガム イギリス中部の産業都市。
リバプール 西部の港町。ビートルズの故郷として知られる。 アルバート・ドックSekaiisan.pngザ・ビートルズ・ストーリーアルバート・ドックマージーサイド海事博物館キャヴァーン・クラブストロベリー・フィールド
チェスター 中世の城郭都市。観光の町。
コッツウォルズ イギリス南西部の丘陵地帯に点在する美しい田舎町が有名な観光地域。 バイブリーウィンチカムカッスル・クームチッペナムサイレンセスターマームズベリーボートン・オン・ザ・ヒルモートン・イン・マーシュ
湖水地方 ピーターラビットでおなじみの美しい湖や池や森、草原が広がるリゾート地。 ウィンダミアボウネスアンブルサイドニアソーリーホークスヘッドグラスミアなどの町や村がある。
ウェストン・スーパー・メア アート作品・ディスマランド(Dismaland)の開催地。

ウェールズ

都市名 解説 主なみどころ
カーディフ ウェールズの首都。政治・経済・文化の中心都市。
ヘイ・オン・ワイ ウェールズのイングランドとの国境近くにある古書の町。

スコットランド

都市名 解説 主なみどころ
エディンバラ スコットランドの政治・文化の中心都市。 エディンバラ城
グラスゴー エジンバラとともに、スコットランドの経済・文化の重要都市。
ニューラナーク ロバート・オーエンの社会主義の実践工場の跡地。世界遺産に指定されている。 Sekaiisan.png
セントアンドリューズ ゴルフの発祥地として知られる。
インヴァネス スコットランドハイランド地方の中心地。

北アイルランド

  • ベルファストー北アイルランドの首都。政治・経済・文化の中心都市。

英皇室属領

イギリス国王の属領となっていて、英国国内法が適用されない、ミニ国家。

都市名 解説 主なみどころ
マン島 英本土とアイルランドの間にある島。
ジャージー ドーバー海峡のフランスの本土近くの島々で租税回避地(タックスヘイブン)として有名。


ユースフルリンク Useful Links

オフィシャルサイト

英国政府観光庁ホームページ

政府観光局のオフィシャルサイト。自由旅行に役立つ情報がたくさんある。

役に立つ旅行記リンク

役に立つガイドブック

自由旅行者によく使われているのは、言うまでもなく地球の歩き方。自由旅行者の立場で書かれているので、情報も豊富で使いやすい。自由旅行で、楽しみながら英語力をアップさせたいと考えての旅行なら、Lonly Planetの英語版を持って一人旅することがおすすめ。「英語は習うより慣れろ」が実感できる。Lonly Planet英語版で旅行している人は、英語が話せる人ばかりなので、推奨されている宿やレストランも英語圏からの旅行者や英語で旅行している人が多く、情報交換や会話も英語でされている。

[ ガイドブックを探す ]

関連する広告 Advertisement