オーストリア

提供: 旅ウィキ
移動先: 案内検索

オーストリア共和国(オーストリアきょうわこく、ドイツ語: Republik Österreich、バイエルン語: Republik Östareich)、通称オーストリアは、ヨーロッパの連邦共和制国家。首都はウィーンドイツの南方、中部ヨーロッパの内陸に位置し、西側はリヒテンシュタインスイスと、南はイタリアスロベニア、東はハンガリースロバキア、北はドイツチェコと隣接する。中欧に650年間Wiki-w.jpgハプスブルク家の帝国として君臨し、第一次世界大戦まではイギリスドイツフランスロシアとならぶ欧州五大国(列強)の一角を占めていた。1918年、第一次世界大戦の敗戦と革命により1867年より続いたWiki-w.jpgオーストリア=ハンガリー帝国が解体し、共和制(第一共和国)となった。この時点で多民族国家だった旧帝国のうち、かつての支配民族のドイツ人が多数を占める地域におおむね版図が絞られた。1938年には同じ民族の国家であるナチス・ドイツに併合されたが、ドイツ敗戦後の1945年から1955年には連合国軍による分割占領の時代を経て、1955年の独立回復と永世中立国化により現在につづく体制となった。音楽を中心に文化大国としての歴史も有する。EU加盟以降は、同言語・同民族の国家同士でありながら複雑な国際関係が続いてきたドイツとの距離が再び縮まりつつあり、国内でも右派政党の伸張などドイツ民族主義の位置づけが問われている。CC BY-SA 3.0104px-Wikipedia-logo-ja.png

オーストリア全図

大きな地図を別窓で見る

オーストリアの自由旅行情報

一般 General information

入国

日本とオーストリアの間には査証免除取極があり、観光などの非営利活動目的による6か月以内の滞在の場合、査証は必要ありません。なお、オーストリア以外のWiki-w.jpgシェンゲン協定加盟国の多くは、日本人がビザなしで滞在できる期間を「最初の入域の日から6か月のうち最大3か月」としているようです。オーストリアを含むシェンゲン領域に入域してから3か月以上経過した後に、オーストリア以外のシェンゲン協定加盟国に入国したり、経由して帰国しようとする場合、入国を拒否される等のトラブルになることがあります。オーストリアを含むシェンゲン領域に入域してから3か月以上経過した後に帰国する場合には、シェンゲン領域外への直行便を利用することをお勧めします。(外務省サイト2013.9.24)

時差

気候と服装

言語

ドイツ語(オーストリアドイツ語)が公用語であり、ほとんどの住民が日常使っている言語でもある。ただし、日常の口語で使われているのは標準ドイツ語ではなく、ドイツ南部等と同じ上部ドイツ語(Oberdeutsch)系の方言である。CC BY-SA 3.0104px-Wikipedia-logo-ja.png2013.9.24

通貨と両替

Wiki-w.jpgユーロを採用している。補助通貨はWiki-w.jpgセント。最新のレートは右の通貨コンバーターで。両替は、空港や市中のキャッシュディスペンサーで、クレジットカードでキャッシングするのがもっとも得である。

チップ

治安と安全

海外発着区間航空券もLCCも一発検索・安心日本語サポート

交通 Transportation

日本からの交通

日本からオーストリアへの直行便は、全日空とオーストリア航空が成田より飛んでいる。経由便は、ヨーロッパ系、アジア系の多くの航空会社が、自国経由の路線を持つ。

●オーストリア・ウイーン行き最安値航空券検索

周辺諸国との交通

●西ヨーロッパ鉄道乗車券予約・購入(SNCF)

ドイツフランクフルトから鉄道で

スイスチューリッヒから鉄道で

国内交通

航空機

鉄道

バス

●世界最大級の現地ツアー検索サイト→[ 検索窓を開く ]

観光 Sightseeing

世界遺産

文化遺産

ザルツブルク市街の歴史地区(ザルツブルク)、シェーンブルン宮殿と庭園群(ウイーン)、ザルツカンマーグート地方のハルシュタットとダッハシュタインの文化的景観(ザルツカンマーグート)、ゼメリング鉄道、グラーツ市街 - 歴史地区とエッゲンベルク城(グラーツ)、ヴァッハウ渓谷の文化的景観、ウィーン歴史地区(ウイーン)、フェルテー湖/ノイジードル湖の文化的景観、アルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群。

訪問したい都市・町や村・地域

食事 Foods

[検索窓を表示する]

宿泊  Accommodations
●人気1000+サイト横断!! 格安ホテル一発検索→

買い物 Shopping

ユースフルリンク Useful Links

役に立つ旅行記

参考になる本