クラクフ

提供: 旅ウィキ
移動先: 案内検索

クラクフ中心部市街図(グーグルマップを使いこなす

大きな地図で見る
クラクフ市街図とトラムの路線(地図をクリックで拡大)

クラクフKraków, 独語:Krakau クラカウ)はポーランド南部にある都市で、マウォポルスカ県の県都。ポーランドで最も歴史ある都市の一つであり、17世紀初頭にワルシャワに遷都するまではクラクフがポーランド王国の首都であった。ポーランドの工業、文化の主要な中心地でもある。ヴィスワ川の上流に位置し、市街地はヴァヴェル城を中心としてヴィスワ川両岸に広がっている。人口は約75万で、これはワルシャワウッチに続く第3の規模である。CC BY-SA 3.0104px-Wikipedia-logo-ja.png

旅行者にとっては、アウシュビッツ=ビルケナウ強制収容所訪問のベース都市として有名だが、中世に栄えた古都として、観光地としても東欧有数の都市だ。

目次

クラクフの自由旅行ガイド

海外発着区間航空券もLCCも一発検索・安心日本語サポート

交通 Transportation

日本からクラクフへの交通

日本からクラクフへの直行便はないが、ヨーロッパ系のいくつかの航空会社が、自国経由の路線を持つ。

他のヨーロッパの都市からの交通

●周辺国から鉄道で

周辺国からの直行国際列車としては、夜行便が、キエフウクライナ)、ブダペストハンガリー)、ウイーンオーストリア)、プラハチェコ)から出ている。鉄道パスとしては、2015年からポーランドが有効になったユーレイルグローバルパスドイツポーランドの2カ国のユーレイル・リージョナルパスが有効。これらの乗車券は、日本出発前に、ユーレイルパス情報センターで、最安値で購入できる。また、ウイーンやプラハから、カトヴィツェ乗換えの昼間のECが運行している。最も便利だったベルリンからのECは2015年からバスによる運行に変更になった。ただし、バスの乗車に各種鉄道パスは有効である。

日本でのヨーロッパ鉄道切符通販比較

●周辺国から航空機で

ドイツや北欧その他の周辺国から航空機でクラクフへ飛ぶこともできる。LCCを含む現地発着クラクフ行きの航空券はExpediaU.K. England-flag.gif や、下記からゲットできる。

ワルシャワから鉄道で

ワルシャワからクラクフまでは、ポーランド国鉄の高速列車(EIP)で3時間余。毎日数便の直行便がある。ユーレイルパス(グローバルパス、ドイツ・ポーランドリージョナルパス、ポーランドワンカントリーパス)を持っていても、座席指定券が必要になる。

ワルシャワからバスで

さらに安く移動したい人は、ワルシャワからはバスでクラクフまで5時間前後。毎日数便の直行便がある。バスは格安で、8.40ユーロ~(35zt)と激安。Polskibusで日本から予約できる。

ベルリンからバスで

ベルリンからクラクフまでは、DBのエクスプレスバスが運行している。このバスは、ジャーマンレイルパス、または、ドイツ、ポーランドで有効なユーレイルパスを所持していれば、座席指定料のみ追加すれば乗車できる。 (全席指定)Berlin Hbf (Europaplatz)12:44発、Krakow Glowny (Dworzec autobusowy Bosacka 18)20:55着、所要 8:11。料金は、片道 49,00 EUR、往復なら75,70 EUR。

空港・駅・ターミナル

バリツェ空港

バリツェ空港国際線ターミナルの外観
クラクフバスターミナル内切符売り場
クラクフの市電(トラム)

航空機でクラクフへ来た人はこの空港に到着する。バリツェ空港は、クラクフ唯一の空港である。国内線と国際線の2つのターミナルがある。市内への公共交通機関は、空港前より無料バスが国鉄バリツェ駅まで出ている。国鉄バリツェ駅でバリツェエキスプレスに乗り換えてクラクフ中央駅(Kraków Główny)まで約17分。

クラクフ中央駅

クラクフ中央駅(Kraków Główny)は旧市街の北東のはずれにあり、巨大なショッピングセンターとつながっている。1番ホーム横の通路を通って駅前広場へ出るのが分かりやすい。クラクフ発着のほとんどの列車は、この駅から出る。バリツェ空港行きのバリツェエキスプレスは1番ホームから出る。駅前広場に面した、古い駅舎の中に、切符売り場やトイレ、売店、荷物預かりがある。

●クラクフバスターミナル

クラクフ中央駅の西側、旧市街とは反対側にクラクフバスターミナルがあり、中長距離バスが発着している。オシフェンチム(アウシュビッツ)行きはGの乗り場から発着する。(ターミナル内のボードで要確認)切符は、窓口でも買えるし、乗る際に運転手からも買えるが、窓口で購入した方が若干安いようだ。ターミナル内にコインロッカーがあるが、数はそんなにない。

市内交通

市電(トラム)

クラクフ旧市街の観光は、徒歩でも問題ないが、ユダヤ人街、シンドラー社跡などの郊外へは、トラムでの移動が便利。切符は、バスと共通券になっていて、トラム駅やトラム内の自動券売機で簡単に買える。英語マークを選択すれば、英語の解説が出る。15分券2.0PLN、ゾーン1、1回券3.6PLN、1日券は12.0PLN。最新の詳細料金は、観光局サイトで得られる。路線図は上の市街図を拡大するわかる。詳細路線図は交通局サイトでも調べられるが、分かりにくい。

タクシー

バギー

主要な観光地では、バギー車が走っていて、観光タクシーのように、観光地を廻っている。コースになっていて、定価制なので、資金に多少余裕がある人は利用できる。

バス

●世界最大級の現地ツアー検索サイト→[ 検索窓を開く ]

観光 Sightseeing

アウシュビッツのゲート

クラクフ市内の見所

ヴァヴェル城(Zamek królewski na Wawelu)

クラクフを流れるヴィスワ川沿いにそびえるヴァヴェルの丘に建つ王宮や聖堂、宝物館といった一連の建物群。城壁に囲まれた旧市街は世界遺産となっているが、その中心的存在である。

繊維会館

旧市街の中心部に位置し、かつての繊維会館の建物が残っている。建物内部には土産物屋が店を出している。とりまく広場では、さまざまな大道芸がみられ、さらに広場を取り囲むようにレストランやバー、カフェが営業している。

シンドラーの工場跡

ユダヤ人居住区にあるWiki-w.jpgオスカー・シンドラーのエナメル工場跡は、現在、クラクフ市の歴史博物館として、ナチ占領下、ユダヤ人弾圧の歴史と資料がビジュアルに展示公開されている。跡地の一部は、現代美術館となっている。

ユダヤ人居住区

旧クラクフ・ゲットー跡。いくつかのシナゴーグが見学できる。

クラクフ郊外の見所

アウシュヴィッツ=ビルケナウ強制収容所<世界文化遺産>

オシフィエンチムにあるナチスの建てた強制収容所跡、現在博物館として一般公開されている。

クラクフの現地ツアー

[検索窓を表示する]

宿泊  Accommodations
●人気1000+サイト横断!! 格安ホテル一発検索→

ホテルリスト

ホテル予約エンジンでクラクフの300ホテルを検索

クラクフのおすすめホテル

■ホテルポローニャ

ホテルポローニャ

中央駅前(旧市街側)の割安三つ星ホテル。建物は古いが、部屋は広く、どこへ行くにも便利な場所にある。ダブルで5000円前後。ビュッフェの朝食もおいしい。エレベーター完備。--椋木昭夫 2012年6月20日 (水) 14:25 (JST)

■アパルタメンティー TWW ルビッツ

中央駅前の割安四つ星アパートホテル。ツインで5000円前後。フォース(4人部屋)6000円前後で、家族旅行なら1人あたり1500円と格安で泊まれる。(2012年夏)

■アパートホテル ステーション

中央駅前、しかもバスターミナルの前の二つ星アパートホテル。エレベーターがないのとフロントと客室が離れているのが難点だが、アウシュビッツを観光するには、最も便利な場所にあり、しかも、グループで泊まれば1人あたり1500円前後で格安で泊まれる。旧市街は駅の反対側になる。シングルは3500円、ツインは5000円前後。(2012年夏)

■グレッグアンドトムホステル

旧市街側の中央駅前、交通至便の三つ星ホステル。ドミトリー6人部屋1300円ぐらいより。バックパッカー向けの安宿だ。安宿といっても、無料インターネットや清潔な室内など、設備、サービスは申し分ない。ダブルは4000円ぐらい。(2012年夏)

食事 Foods

クラクフのグルメ・ベストレストラン

口コミ旅行サイト、トリップアドバイザーのクラクフの人気レストランリスト。

おすすめレストラン

Bon Appetit Restaurant

トリップアドバーザーで絶賛されているフランス料理レストラン。メイン料理は PNL 27~44ぐらい。

アクティビティー Activities

ユースフルリンク Useful Links

オフィシャルサイト

Info Krakow England-flag.gif 

クラクフ市観光局のオフィシャルサイト。お役立ち情報満載です。

関連するサイト

krakow-info England-flag.gif 

クラクフ在住のジャーナリストによるクラクフガイドサイト。お役立ち情報満載です。

お役立ち旅行記リンク

参考になる書籍

関連する広告