コルマール

提供: 旅ウィキ
移動先: 案内検索

コルマール(フランス語:Colmar、標準ドイツ語・アレマン語(アルザス語):Kolmar(コルマールまたはコルマー))は、フランス東部、アルザス地域圏のコミューンである。オー=ラン県の県庁所在地。コルマールはかつて現在のドイツを中心とする神聖ローマ帝国自由都市であり、歴史ある街である。コルマールに触れた最古の文献は823年のものであり、そこではこの街はコルンバリウム(Columbarium、ラテン語で鳩小屋の意)として言及される。13世紀初頭には街に城壁が築かれ、1226年にはコルマールに帝国自由都市の資格が与えられた。1354年にアルザス10都市が結んだ「十都市同盟」にも、コルマールは参加している。この同盟の目的は、帝国都市としての権益と自由を擁護することにあった。17世紀後半、アルザス地方がドイツ圏からフランス王国に割譲されるとともに、ドイツ文化圏のコルマールフランスアルザスの一都市となった。フランス革命後、1791年の旧地方区分廃止と県の設置に伴い、コルマールはオー=ラン県の県庁所在地となった。普仏戦争でフランスがプロイセンに敗北した後、1871年アルザスはドイツ帝国に割譲され、コルマールはドイツ領エルザス=ロートリンゲン州の一部となった。1918年にフランスは再びコルマールを自国領に編入した。第二次世界大戦で1941年フランスドイツに降伏すると、コルマールはバーデン=アルザス大管区に編入された。同地はドイツ国土の一部とされ、1942年にはドイツ国防軍がコルマールに進駐した。コルマールに連合軍が進駐したのは1945年2月である。(コルマールの戦い)コルマールの旧市街には中世からルネサンスの街並みがよく保存されている。またウンターリンデン美術館はドイツ中世絵画のマティアス・グリューネヴァルトの『イーゼンハイムの祭壇画』をはじめとする中世絵画および工芸品を展示する。また自由の女神像などを製作した彫刻家フレデリク・バルトルディはコルマールの出身であり、その生家は現在記念館となっている。CC BY-SA 3.0104px-Wikipedia-logo-ja.png

コルマールの中心部市街図(新グーグルマップを使いこなす
Colmar - Alsace.jpg

コルマールの自由旅行情報

海外発着区間航空券もLCCも一発検索・安心日本語サポート

交通 Transportation

コルマールへの行き方

●パリから鉄道で

パリ・東駅からコルマールまで、TGVで3時間。直行は1日3~4便。ストラスブールで乗換える便もある。ユーレイルパスフランスレイルパスが使える。

コルマールの空港と駅・ターミナル

コルマールの市内交通

地下鉄

バス

タクシー

●世界最大級の現地ツアー検索サイト→[ 検索窓を開く ]

観光 Sightseeing

コルマール市内の見所

ウンターリンデン美術館

プティット・ヴニーズ

コルマール郊外の見所

オー・クニグスブール城

コルマールの現地ツアー

食事 Foods

おすすめのレストラン

[検索窓を表示する]

宿泊  Accommodations
●人気1000+サイト横断!! 格安ホテル一発検索→

おすすめの宿

買い物 Shopping

アクティビティー Activities

バリアフリー情報 Barrier free

ユースフルリンク Useful Links

オフィシャルサイト

コルマール

フランス政府観光局日本語サイトのコルマールのページ。

関連するサイト

Horaires-Des-Bus

アルザス地方のローカルバス案内。

役に立つ旅行記

参考になる書籍

関連する広告