サンマリノ

提供: 旅ウィキ
移動先: 案内検索

最も高貴なる共和国サンマリノ(イタリア語: Serenissima Repubblica di San Marino)、通称サンマリノは、イタリア半島の中東部に位置する共和制国家。首都は国名と同じくサンマリノ(市)。周囲は全てイタリアで、世界で5番目に小さな国(ミニ国家)である。また、現存する世界最古の共和国である。CC BY-SA 3.0104px-Wikipedia-logo-ja.png

サンマリノ全図(グーグルマップを使いこなす

大きな地図で見る

サンマリノの自由旅行情報

一般 General information

入国

日本とは1968年に査証免除協定が結ばれており、収入を得る活動に従事する場合を除き、3か月以内の短期滞在の場合は、入国査証の取得が免除されます。サンマリノへの出入国は、イタリアからの陸路移動に限られ、必ずイタリアを通過することになるため、イタリアの査証、出入国審査等についても併せて確認しておく必要がるので、注意。

滞在時の留意事項

入国後、10日以上滞在する場合は、軍警察(Gendarmeria)に滞在許可証の申請をしなければならない。目的が観光の場合は、3か月の滞在許可証が発行され、これはさらに3か月延長することが可能。 (外務省サイト2013・11)

時差

気候と服装

言語

公用語はイタリア語。

通貨と両替

サンマリノは、1943年以来、紙幣の発行を行っておらず、イタリアの通貨が自由に流通した。しかし、1972年以降は独自のコイン(サンマリノ・リラ)を発行して、コイン・コレクターの人気を集めた。現在、サンマリノは欧州連合の正式な一員ではないものの、欧州議会における取り決めによりユーロの流通が認められている。ユーロコインの片側に独自のデザインを使用する権利を持っており、ユーロ流通以前のサンマリノ・リラはイタリア・リラと交換できたが、流通量が少ないサンマリノ・ユーロはそれ以前のサンマリノ・リラと同様、収集家たちからの人気が高い。CC BY-SA 3.0104px-Wikipedia-logo-ja.png

チップ

治安と安全

海外発着区間航空券もLCCも一発検索・安心日本語サポート

交通 Transportation

日本からの交通

日本からイタリアリミニ空港までアリタリア航空で飛び、そこからバスでサンマリノを目指すのが最短ルート。

周辺諸国との交通

イタリアローマから鉄道とバスで

ローマ・テルミニ駅から、トレニタリアのFA(フレッチャアルジェント)でボローニャへ、15分に1便ほどの頻繁なサービス。所要、2時間15分。ボローニャ中央駅でアンコーナ方面行きのFB(フレッチャ)IC、FRまたは普通列車に乗り換えて、リミニで下車。いずれかの列車が20分に1便ぐらいの頻度で出ている。予約の要らない普通列車で行っても1時間半。リミニでバスに乗り換える。リミニからのバスは、1時間に1便程度で、所要1時間弱。このバスだけ、ユーレイルパスが使えない。

国内交通

サンマリノ国内には、空港や鉄道駅はなく、旅行者は、バスかレンタカーで訪問する。

●世界最大級の現地ツアー検索サイト→[ 検索窓を開く ]

観光 Sightseeing

世界遺産

Wiki-w.jpgサンマリノの歴史地区とティターノ山

サンマリノの旧市街とティターノ山の塔が世界文化遺産。

訪問したい都市・町や村・地域

アクティビティー Activities

食事 Foods

[検索窓を表示する]

宿泊  Accommodations
●人気1000+サイト横断!! 格安ホテル一発検索→

買い物 Shopping

ユースフルリンク Useful Links

役に立つ旅行記

参考になる本

関連広告