フランス

提供: 旅ウィキ
移動先: 案内検索

France-flag.gif

フランス都市別ガイド

パリ
リヨン
ニース
モンサンミシェル
レンヌ
オルレアン
ロワール渓谷
シュノンソー
アンボワーズ
アンジェ
ブロワ
シャモニー
マルセイユ
ストラスブール
ボルドー
エクス・アン・プロヴァンス
アヴィニョン
プロヴァンス
アルル
カンヌ
コート・ダジュール
リール
カーン
ナント
ル・マン
モンペリエ

大きな地図で見る  フランス全図

フランス(France)は、正式名称をフランス共和国(Republic of France)といい、首都はパリ。EUの一員である。フランス共和国に関する詳細は、CC BY-SA 3.0104px-Wikipedia-logo-ja.pngを参照。

目次

フランスの自由旅行ガイド

一般 General information

入国

日本フランスの間に査証免除取極があるので、就労目的以外で3か月以内の滞在は、入国査証は不要。(フランスは、外国人の短期滞在が認められる期間に関して制限を課すWiki-w.jpgシェンゲン協定に加盟している。加盟国全部の通算で3ヶ月以内となります。) ただし、帰路の航空券を所持していない場合や、パスポートの残存有効期間が3か月に満たない場合は入国を許可されない場合もあります。フランスへの入国時には入国カードの提出が求められていましたが、日本人については現在、入国カードの提出は原則求められていません。駐在員、留学生等、就労又は3か月以上フランスに滞在することが予定される方は、事前に査証を取得する必要があります。査証取得申請は在日フランス大使館等で行うことができる。(2012.6.8外務省サイト)

気候と服装

緯度が北に位置している割には、暖流の関係で、同緯度のヨーロッパ内陸よりは温暖である。四季の移り変わりは日本と同様だが、平均気温を比べるとパリと東京は5℃前後平均的にパリが低く、露がなく空気も乾燥している。また、ニースなど地中海沿岸は、冬でも比較的温暖な地中海性の気候で、海岸沿いにはリゾートが広がっている。旅行者は日照時間を知っていると計画を立てやすい。冬場は5時には日が暮れるが夏は8時でもまだ明るい。Wiki-w.jpgパリWiki-w.jpgニースに詳細データがある。また、天気予報は、wunderground.comで訪問都市ごとの詳細データを入手できる。

時差

フランスは中央ヨーロッパ時間(CET)を採用していて、標準時(GMT・UTC)+1時間。日本とは8時間、サマータイム時は7時間の時差がある。日本からの到着時には8時間(サマータイム時は7時間)時計を戻す。フランスでの昼の12時は、日本での20時又は19時(サマータイム時)となる。隣国イギリスとも1時間の時差がある。サマータイムは、3月最終日曜日の午前2時(夏時間では午前3時)から10月最終日曜日の午前2時(夏時間では午前3時)。

通貨と両替

Wiki-w.jpgユーロを採用している。補助通貨はWiki-w.jpgセント。最新のレートはヤフーファイナンス等で得られる。両替は、空港や市中のキャッシュディスペンサーで、クレジットカードでキャッシングするのがもっとも得である。

チップ

基本的にはチップの習慣のある国で、チップを当てにした生活を送っている人も多少いる。しかし、最近は、レストランなどでもサービス料込みの請求が来ることも多いし、現地の人でも、ほとんど払わない人もいる。目安は、ホテルのポーター荷物1つにつき€ 1、メイドがベッド1つにつき€ 1、レストランは、サービス料が入っていない場合、総額の10%、タクシーは、おつりの小銭を10%が目安。

治安と安全対策

パリ

観光旅行者が多数訪問するパリでは、スリ、置き引き、ひったくり等の犯罪が多発している。犯罪者は声を掛ける,大勢で取り囲む,立ちふさがる,押す、物を落とす等の行為で相手の気を逸らし、そのすきに犯行に及ぶ。犯罪の手口としては、スリ、置き引き、ひったくりの順に発生件数が多く、中には、オートバイによるひったくりに遭遇し、引きずられて負傷する事例もある。なお、在フランス日本国大使館が認知した2011年1年間における日本人の強盗・窃盗の犯罪被害件数は709件であり、1日に2件近くの割合で邦人の被害が発生していることになる。パリにおける犯罪の特徴は以下に記載のとおりだが,大使館ホームページにも犯罪被害の事例を掲載してあるので,参照

南フランス

フランスはもともと移民の多い国だが、その中でも南フランスに位置するマルセイユニース等の町を抱えるプロヴァンス・アルプ・コート・ダジュール(PACA)地域圏やミディ・ピレネー地方に位置するトゥールーズ等の町は移民を多く抱えている。特に移民が集中するマルセイユは失業・貧困層も多く,かねてから治安に問題があったが,昨今の金融危機による不況の影響もあり,犯罪件数が増加傾向にあるとともに,犯罪者の若年化と過激化が進み一層悪化している。とりわけ,市内北部や近郊の町で低所得者向け住宅等が立ち並ぶ地域の治安は劣悪です。麻薬売買の縄張り争い等に端を発した殺人事件や商店等を狙った強盗事件が多く発生している。これらの犯行には多くの場合銃が使用されており,その数も年々増加傾向にある。2011年12月にはマルセイユ近郊の町で強盗現場に駆け付けた警察官が被疑者から銃殺される事件が発生し,当地報道がこの状況を「カラシニコフがナイフにとって代わった」と表現している程事態は深刻です。その他,一大観光地であるコート・ダジュール地方の中心都市ニースでは,スリに逢う日本人が多くなっているので,十分な注意が必要。

海外発着区間航空券もLCCも一発検索・安心日本語サポート

交通 Transportation

日本からの交通

日本からフランスへの直行便は、日本航空全日空エールフランスのフライトがある。経由便はアジア系、ヨーロッパ系の無数の航空会社が、自国経由で路線を持つ。ゲートウェイ空港は、ほとんどが、パリ郊外のシャルル・ド・ゴール国際空港に着く。パリ行きの格安航空券は、200社以上の旅行会社が登録するAB-ROADで一発検索できるほか、下記の有名旅行会社サイトも要チェックである。

  • H.I.S.ーおなじみ格安航空券最大手。

ヨーロッパ諸国との交通

航空機

エールフランス初め、主にヨーロッパ系航空会社が、パリニースリヨンボルドーストラスブールなどの主要都市とヨーロッパ各国の主要都市を結んでいる。また、格安航空会社(LCC)も多く乗り入れており、安く短時間で移動することもできる。Easyjet.comを含む主要フライトの料金、時刻、空席は下記検索窓で。

航空券最安値比較検索

鉄道

日本でのヨーロッパ鉄道切符通販比較

国内交通

航空機

エールフランスの国内線が、パリ(主にオルリー空港)と主要地方都市を結んでいる。チケットは下記検索窓で。

片道、区間、海外発着も検索できるエキスペディア

鉄道

フランス国鉄(SNCF)の鉄道網が全国に張り巡らされており、パリから主要都市へは、TGV(全席指定)で短時間で移動できる。外国人向け、フランス国内鉄道割引きパスとして、フランスレイルパスが発売されている。また、フランス国鉄はユーレイルグループに所属しておりユーレイルパスが使える。

日本でのヨーロッパ鉄道切符通販比較

バス

●世界最大級の現地ツアー検索サイト→[ 検索窓を開く ]

観光 Sightseeing

世界遺産

フランスは、世界中から観光客が訪れる観光国としても知られており、Wiki-w.jpg33の世界文化遺産Wiki-w.jpg3つの世界自然遺産Wiki-w.jpg1つの複合遺産が、ユネスコに登録されている。

●世界文化遺産

モン・サン・ミシェルとその湾Wiki-w.jpgフランスのサンティアゴ・デ・コンポステーラの巡礼路シャルトル大聖堂ヴェルサイユの宮殿と庭園Wiki-w.jpgヴェズレーの教会と丘Wiki-w.jpgヴェゼール渓谷の先史的景観と装飾洞窟群Wiki-w.jpgフォンテーヌブローの宮殿と庭園Wiki-w.jpgアミアン大聖堂Wiki-w.jpgオランジュのローマ劇場とその周辺及び「凱旋門」Wiki-w.jpgアルルのローマ遺跡とロマネスク様式建造物群Wiki-w.jpgフォントネーのシトー会修道院Wiki-w.jpgサラン=レ=バンの大製塩所からアル=ケ=スナンの王立製塩所までの煎熬塩の生産Wiki-w.jpgサラン=レ=バンの大製塩所Wiki-w.jpgアル=ケ=スナンの王立製塩所Wiki-w.jpgナンシーのスタニスラス広場、カリエール広場、アリアンス広場Wiki-w.jpgサン=サヴァン・シュル・ガルタンプ修道院付属教会Wiki-w.jpgポン・デュ・ガール(ローマの水道橋)、Wiki-w.jpgストラスブールのグラン・ディルWiki-w.jpgパリのセーヌ河岸Wiki-w.jpgランスのノートルダム大聖堂、サン=レミ旧大修道院、トー宮殿Wiki-w.jpgブールジュ大聖堂Wiki-w.jpgアヴィニョン歴史地区:教皇庁、大司教座総体およびアヴィニョン橋Wiki-w.jpgミディ運河Wiki-w.jpgリヨン歴史地区Wiki-w.jpg歴史的城塞都市カルカソンヌWiki-w.jpgノートルダム・デュ・ポール聖堂Wiki-w.jpgクレルモン=フェランWiki-w.jpgベルギーとフランスの鐘楼群Wiki-w.jpgサン・テミリオン地域ロワール渓谷シャンボールの城と領地Wiki-w.jpg中世市場都市プロヴァンWiki-w.jpgオーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル月の港ボルドーWiki-w.jpgヴォーバンの防衛施設群Wiki-w.jpgアルビの司教都市Wiki-w.jpgコースとセヴェンヌの地中海農牧業の文化的景観Wiki-w.jpgアルプス山脈周辺の先史時代の杭上住居群Wiki-w.jpgノール=パ・ド・カレーWiki-w.jpgショーヴェ=ポン・ダルク洞窟とも呼ばれるアルデシュ県ポン・ダルクの装飾洞窟Wiki-w.jpgWikipedia:ja:ブルゴーニュ|ブルゴーニュのブドウ栽培の風土Wiki-w.jpgシャンパーニュの丘陵群、家屋群、地下貯蔵庫群

自然遺産

Wiki-w.jpgピアナのカランケ、ジロラータ湾、スカンドーラ自然保護区を含むポルト湾Wiki-w.jpgニューカレドニアのラグーン:サンゴ礁の多様性と関連する生態系Wiki-w.jpgレユニオン島の尖峰群、圏谷群および絶壁群

複合遺産

Wiki-w.jpgピレネー山脈のモン・ペルデュ

現地ツアー


食事 Foods

フランス料理は、世界無形文化遺産。やはり滞在中一度は本場のフランス料理を味わいたい。しかし、高級料理の代表格で、有名なレストランは、やはり高い。市中の庶民的レストランなら3コース料理で€ 15くらいから。それぞれの地方には、名物料理やワインがあるので、よく研究してからでかけたい。

朝食

朝食はパンとコーヒーのいわゆるコンチネンタルブレックファースト。パンはクロワッサンが人気。コーヒーはカフェ・オレ。ホテルの朝食は、ビュッフェのところもあり、予約時に確認しておこう。€ 5~8、ただ、日本のように、空港や駅近くのカフェなど朝早くやっているところも多い。

昼食

昼は、ランチタイムメニューで、オフィース街では、定食になってる場合が多い。メニューはサンドイッチやパスタ、オムレツ、カレーなどいろいろ。12:00から14:00とか、決められた時間でないと食べられないこともある。観光地では、夜と同じようなアラカルトメニューもあり、デラックスなフランスコース料理も食べられる。

夕食

メインはディナーで、さまざまな前菜、メインの肉や魚貝、デザート、まで、フルコースを楽しみたい。観光地では、英語メニューや日本語メニュー、写真入メニューなども用意されている。ワインやビールと前菜から始めるとメインが出てくる前に腹いっぱいになることもある。飲み物とメインだけで十分に満腹になる。€ 15~30ぐらい。パリや観光地は高いし、ぼったくりレストランもあるので要注意。

[検索窓を表示する]

宿泊  Accommodations
●人気1000+サイト横断!! 格安ホテル一発検索→

格安のゲストハウスやユースホステルから、五つ星の高級ホテルまで、バラエティー豊富。1泊から泊まれるアパルトマンやペンションのようなプチホテルも便利。フランスのホテルは、通常1泊朝食で予約するが、ブッキングエンジンによっては、食事なしで安い料金の場合もあるので、注意が必要。

フランスのホテルの選び方・予約の仕方

旅行者の立場から数あるブッキングサイトのうち下記のサイトを推奨する。どちらのブッキングエンジンも使いやすい地図が着いているので、付近の地図を開いて、ロケーションと評判、価格などで絞り込んでいく。なるべく泊まった人の評価の高いところ(8.0/10以上)を利用したい。 パリのホテルは、到着、出発のターミナルと見学予定の観光地を考えて場所を決めるのがいい。ルーブル美術館近辺、地下鉄のシャトレレアール駅かサンミシェルノートルダム駅がパリのどこへ行くにも地下鉄1本で行ける交通の要所だ。これらの駅から徒歩5分以内のホテルを探そう。地方都市のホテルは、鉄道で旅行する場合は、駅前の徒歩5分以内のホテルが便利だ。駅前には、観光局やレストラン商店など、朝早くから夜遅くまで開いている店も多く、公共交通機関の路線も集中していて、どこの観光地へ行くにも便利。タクシーも捕まえやすく、列車の予約や荷物の管理にも手間がない。2~3人の旅行で連泊する場合は、主要な観光地の近くに宿をとり、駅に着いたらタクシーで移動するのも手だ。ゆったりと観光できて、ホテルの選択の幅が増える。また、田舎の町や村では、鉄道駅は町から離れたところにある場合も多いが、その場合は、観光地の近くや町の中心部が便利な場合があるので、詳しくは都市別ページを参照してほしい。

旅ステーション(ホテルコンバインドコラボ)

エクスペディアやブッキングコムなど有名サイト1000サイト以上を比較する世界最大のホテル予約サイト。ホテル直予約のサイトも多数あり、他の比較サイトより取り扱い件数も多い。

ブッキングコム(旅ステーションコラボ)

単独のブッキングエンジンとしては世界最大。予約後のホテル管理や使いやすさ、信頼を考えて、どれか1つのブッキングエンジンを選ぶとすれば、このブッキングコムを推奨する。予約後はスマートフォンにアプリを入れておけば、マップとの連動や予約管理が簡単に行える。


買い物 Shopping

パリの高級ブランド品から、地方色豊かな工芸品まで、おみやげは選り取りみどり。ユーロが安くなったとはいえ、物価は高く感じる。

免税

一軒の免税店で同じ日に総額175ユーロ以上の買い物をすると、付加価値税が免除になる。手続きは、EU加盟国出国時にまとめて行う。

訪問したい都市、町や村、地域 Place of Interesting

パリ フランスの首都で、政治・経済・文化の中心であるのみならず、
芸術の都として、世界的文化都市としても知られている。
ルーブル美術館エトワール凱旋門エッフェル塔ノートルダム大聖堂
リヨン フランス中部の中心都市。 フルヴィエールの丘Sekaiisan.pngヴュー・リヨン Sekaiisan.pngプレスキル Sekaiisan.pngクロワ・ルースの斜面地区Sekaiisan.png
ニース 南仏のリゾート、コート・ダジュールのベース都市として知られる。
モナコ 南仏コート・ダジュールのミニ国家。カジノやF1レースで知られる。
モンサンミシェル 海に突き出たお城のような容姿が有名な中世から残る修道院。Sekaiisan.png
レンヌ パリからモンサンミシェルへの乗り換え都市として、多くの観光客が訪問する。
シャルトル フランスで最も美しいゴシック建築と言われるシャルトル大聖堂で有名。 シャルトル大聖堂Sekaiisan.png
オルレアン ジャンヌダルクゆかりの町。
スミュール・アン・ノーソワ パリ近郊の美しい田舎町。
ロワール渓谷 フランス中部のロワール川沿いの渓谷、多くの古城が点在する。
シュノンソー ロワール渓谷にある町。美しいシュノンソー城で知られる。
アンボワーズ ロワール渓谷にある町。
アンジェ ロワール渓谷にある町。
ブロワ ロワール古城めぐり観光の拠点。 ブロワ城シャンボール城
シャモニー モンブラン観光のベース都市。
バイヨンヌ
カルカソンヌ
マルセイユ 南仏観光の起点都市。港町。
ストラスブール フランス北部、アルザス地方の中心都市。
コルマール アルザス地方の中心都市の1つ。ニーデルモルシュヴィルエギスハイムの基点。
ミュルーズ アルザス地方の中心都市の1つ。 エコミュゼ・ダルザス
ユナヴィル アルザス地方の村。フランスで最も美しい村に認定されている。
エギスハイム アルザス地方の村。ワインの産地として知られる。
ニーデルモルシュヴィル コンフィチュール(ジャム)の妖精と呼ばれたクリスティーヌ・フェルベールさんの店がある村。
ボルドー フランス南西部の中心都市。ワインの産地としても有名。 月の港Sekaiisan.pngサン・スーラン大寺院Sekaiisan.pngサン・ミシェル大寺院Sekaiisan.png
エクス・アン・プロヴァンス セザンヌの故郷の町。
アヴィニョン プロヴァンス地方の町。歌で有名な橋がある。
アルル ゴッホがしばらく住んでいた町。絵の題材のいくつかが残っている。
カンヌ コート・ダジュールのリゾートの1つ。映画祭で知られる。
エズ ニースモナコの間にある、断崖絶壁の村。
ペイヨン こちらも断崖絶壁の村だが、山中にひっそりとたたずむ。
ロクブリュヌ・カップ・マルタン Wiki-w.jpgル・コルヴィジェの小屋で有名な、コート・ダジュールのリゾート。
リール 北部の工業都市。交通の要所。
カーン ノルマンディー地方の中心都市。平和博物館がある。 デュカル城聖ピエール教会カーン平和博物館
ロンシャン ル・コルビュジェの設計したノートルダム・デュ・オー礼拝堂がある。
ボーヌ ブルゴーニュワインの産地。
ル・アーブル
コンク フランスで最も美しい村に選ばれた、巡礼の村。 サント・フォワ修道院Sekaiisan.png
ルルド 聖母マリアが出現したというルルドの泉で知られる、カトリック教徒の聖地。

アクティビティー Activities

インターネット・携帯 Internet & Mobile Phone

バリアフリー情報 Barrier free

ユースフルリンク Useful Links

オフィシャルサイト

役に立つ旅行記

参考になる本

関連広告