プロヴァンス

提供: 旅ウィキ
移動先: 案内検索

プロヴァンス (La Provence、プロヴァンス語:ProvençaまたはProuvènço)は、現代フランスの面積の南東部を占める地方で、東側は対イタリア国境、西は標高の低いローヌ川左岸までである。南は地中海に面し、よって、今日のプロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏の大部分が重なる。歴史的には、ローマ帝国終焉後、プロヴァンスは536年にフランク王国に含まれ、947年にはブルグント王国内のプロヴァンス侯領となった。その後エクサン=プロヴァンスを首都とするプロヴァンス伯領となったが国境は変動した。CC BY-SA 3.0104px-Wikipedia-logo-ja.png

旅ウィキでは、プロヴァンス=アルプ=コート・ダジュール地域圏をプロヴァンスとコート・ダジュールに地域分けしている。

プロヴァンスの自由旅行情報

プロヴァンス地方の町

マルセイユ

プロヴァンスのゲートウェイ都市、港町。

エクス・アン・プロヴァンス

セザンヌの故郷の町。

アルル

アヴィニョン

食事 Foods

プロヴァンス料理は、温暖で乾燥した地中海性気候の結果である。岩の多い険しい風景はヒツジやヤギの放牧に適していたが、ローヌ川渓谷の外では大規模農場に向く土壌はなかった。海岸部では魚介類が豊富であった。基本的な材料はオリーブ、オリーブオイル、ニンニク、イワシ、メバル、ウニやタコ、ラム肉とヤギ、ヒヨコマメである。ブドウ、モモ、アプリコット、イチゴ、サクランボ、有名なカヴァイヨン産メロンといった果物がある。魚はプロヴァンスの料理メニューで頻繁に登場するルジェは、小さな赤い魚を直火で焼いたものである。そしてルーは、ブドウの木を薪に用いてフェンネルを添えた魚料理である。CC BY-SA 3.0104px-Wikipedia-logo-ja.png