モン・サン・ミシェル

提供: 旅ウィキ
モンサンミシェルから転送)
移動先: 案内検索
モン・サン・ミシェルの場所と周辺地図
モンサンミシェル.jpeg

モン・サン・ミシェル(Mont Saint-Michel)は、フランス西海岸、サン・マロ湾上に浮かぶ小島であり、同名の修道院がある。海に突き出たお城のような容姿で有名。ユネスコの世界文化遺産に指定されている。詳細はWiki-w.jpgモンサンミシェルを参照。

目次

モンサンミシェルの自由旅行ガイド

海外発着区間航空券もLCCも一発検索・安心日本語サポート

交通 Transportation

モンサンミシェルの行き方

パリから鉄道+バスで

レンヌ経由

一般的にはパリのモンパルナス駅からTGVでレンヌまで行き、バスに乗り換えて行く。パリレンヌ間の2等TGVの割引切符は現地で購入した場合、片道€45~€68、レンヌモン・サン・ミシェル間のバスは片道€10で運転手に支払えばよい。バスは、モン・サン・ミシェルの手前の村、ラ・カゼルヌ(ホテルやレストランがある、村とモン・サン・ミシェルは無料バスで結ばれている)止まりとなる。パリから日帰りするなら、このルートかツアーを利用するしかない。

ドル・ド・ブルターニュ経由

パリのモンパルナス駅からのTGVはレンヌの先ドル・ド・ブルターニュを通りサン・マロまで行っている。ドルで降りて、モンサンミシェル行きのバスに乗り継ぐこともできる。ただし1日1便(平日10:35ドル発、土日祝日11:05発、2012年春)バスの所用約30分。時間が合えば、こちらのほうが、パスの時間が短いので快適。

パリ発~モンサンミシェル着(2016年7月3日~8月28日有効)

Jours de circulation

Tous les jours et jours fériés

Lundi à vendredi sauf fériés

Samedi, dimanche et jours fériés

Tous les jours et jours fériés

Tous les jours et jours fériés

Tous les jours et jours fériés

Tous les jours et jours fériés

Numéro de service

101

151

153

103

155

105

107

Départ du TGV à Paris*

07:01

07:01

08:06

09:05

10 :05

10:05

14:05

Arrivée du TGV à Rennes*

09:21

-

-

11:13

-

12:13

16:20

Arrivée du TGV à Dol*

-

10:21

11:04

-

12:51

-

-

Rennes

09:40

-

-

11:35

-

12:35

16:45

Dol de Bretagne

-

10:40

11:20

-

13 :15

-

-

Le Mont St Michel

10:50

11:10

11:50

12:45

13 :45

13:45

17:55

モンサンミシェル発~パリ着(2016年7月3日~8月28日有効)

Jours de circulation

Lundi à vendredi sauf fériés

Samedi, Dimanche et jours fériés

Tous les jours et jours fériés

Tous les jours et jours fériés

Tous les jours et jours fériés

Tous les jours et jours fériés

Dimanche sauf jours fériés

Numéro de service

100

102

104

106

152

108

154

Le Mont St Michel

09:05

09:35

11:05

14:35

16:05

17:30

18:40

Dol de Bretagne

-

-

         -

-

16:40

-

19:10

Rennes

10:15

10:45

12:15

15:45

-

18:45

-

Départ du TGV à Dol*

-

-

 

-

-

16:53

-

19:25

Départ du TGV à Rennes*

10:35

11:05

13:05

16:10

-

19:02

 

-

 

Arrivée du TGV à Paris*

13:08

13:32

15:37

18:35

20:03

21:18

22:26

 *Les horaires SNCF sont donnés à titre indicatif, ils doivent être vérifiés auprès de SNCF.

 

 

バス会社の公式サイトから転載。TGVは全席指定なので、ユーレイルパスフランスレイルパスを持っていても予約が必要である。パスホルダーの席は限定(しかもユーレイルパスホルダーはフランスレイルパスホルダーより利用できる席が少ない)されていて、混みあう路線なので、日本であらかじめ予約を取っていくのが推奨される。予約は、旅ステーション・ユーレイルパス情報センターが安い。

ポントルソン経由

パリのサンラザール駅から列車でカーン(Caen)まで行き、列車を乗り換え、ポントルソン(Pontorson)へ。ポントルソンからローカルバスで、モンサンミシェルへ行くルートもある。このルートは時間がかかるが、最も安く行ける。ユーレイルパスフランスレイルパスを持っている人は、このルートで行くと、バスを除き追加料金がかからない。列車の最新情報はドイツ国鉄サイトで経由地(stopover)にカーン(Caen)を指定して検索。ローカルバスは、Maneo Bus 6番。平日、11:40発と19:10発の1日2便、土日祝日、11:40発と19:45発で所用時間13分。大人・片道€ 2とお値打ち。26才未満のユースと60歳以上のシニアは割引がある。バスがない時間帯の場合はタクシーを呼ぶしかない。12Kmで、€30ぐらい。2~3人なら割りが合う。時刻表リンク(PDF)。

サン・マロ経由

パリモンパルナス駅発のTGVで、レンヌ、ドルを通過して、サン・マロまで行き、サン・マロから、直行バスでモン・サン・ミシェルを往復できる。ただし、バスは毎日でている訳ではないので、このサイト(PDF)で運航日を要チェックである。また、直行バスは往復で切符を買わねばならない。

モン・サン・ミシェル修道院内部.jpeg
●世界最大級の現地ツアー検索サイト→[ 検索窓を開く ]

観光 Sightseeing

パリ発の現地ツアーで

パリからはたくさんの日帰り、1泊ツアーが出ている。●パリ発日本語ガイド付き日帰り($150~)

修道院(The Abbey)

1月1日、5月1日、12月25日を除く毎日見学可能。 開館時間は5月2日から8月31日が9:00~19:00(入場は18:00まで)、9月1日~4月30日が9:30~18:00(入場は17:00まで)。入場料は大人€9、ユース(18才~25歳)、18歳未満は無料。日本語のガイドをレンタルしている。(有料)要所要所で説明を聞けて便利。

食事 Foods

ふわふわのオムレツの他、牡蠣(かき)が名物で、かきには、しょうゆがほしいところだが、すっぱい味付けでどうぞ。

レストランリスト

おすすめレストラン

ラ・メール・プーラール(プラール) ★★★

Grande RUe 50170 LE MONT SAINT MICHELー島内にあるオムレツで有名なレストラン。有名だが、評判は、ムムー。おすすめではないが有名なので掲載します。--椋木昭夫 2012年8月11日 (土) 13:17 (JST)

[検索窓を表示する]

宿泊  Accommodations
●人気1000+サイト横断!! 格安ホテル一発検索→

ホテルは島内とゲートウェーの村、ラ・カゼルヌに集中している。どうしても世界遺産の中に止まりたい人やアプローチの時間を節約したい人は島内、ライトアップされた夜のモンサンミシェルも間近に見れる。朝焼けや夕焼けのモン・サンミシェルの眺めを楽しむなら、手前の村、ラ・カゼルヌに泊まるのがいい。村とモンサンミシェルは、無料のバスが走っているし、観光用の交通機関や散歩道も整備されている。なによりも安いのが魅力。レンヌからのバスはこの村が終点。

モンサンミシェルのホテルリスト

モンサンミシェル島内・周辺全33軒のホテルリスト

島外のおすすめホテル

レンヌからのバスが着くゲートウェイの村、ラ・カセルヌは、モン・サン・ミシェル観光に最適の場所だ。レンタサイクルや両替、スーパー・レストランもある。モンサンミシェルまでは、無料シャトルバス、レンタサイクル、牛車、徒歩で移動できる。

ホテル ドゥ ラ ディーグ ★★★

島外のロケーションのよいホテル。モンサンミシェルが一望できる場所にある。ツイン€110~。

ル サン アベール (Le Saint Aubert) ★★

島外のロケーションもよくお値打ちなホテル。ツイン€75~。おすすめ。

ホテル ヴェール(Hôtel Vert)★★

島外の割安ホテル。モン・サン・ミシェルから2KM。ゲートウェイの村、ラ・カゼルヌにある。レンタサイクルや両替、レストランもある。場所もよくお値打ちなので、すぐ満室になる。早めの予約が必須。ダブル/ツイン€61.60~。コスパがいい一押しホテル。モンサンミシェルまでは無料バスで行ける。数人で、トリプルやフォースをシェアすれば、さらにお値打ち。

島内のおすすめホテル

レンヌからのバスは、ラ・カセルヌ止まりなので、島内のホテルへ行くには、シャトルバスへの乗換えが必要になる。

ラ メール プーラール ★★★Booking.com

(La Mere Poulard)★★Hotels.com

島内の三ツ星ホテル。無料シャトルバスを降りて城壁から比較的近い。。ツイン€135~。

レ テラス プーラール ★★★

島内の三ツ星ホテル。島の門をくぐってすぐのところにある。ツイン€160~。

ル ムートン ブラン ★★

島内の二つ星ホテル。島の中腹にある。島内のホテルとしては安いほう。朝食付きツインで€135~。

買い物 Shopping

ラ・カセルヌのショッピングセンター前.jpeg

ラ・カゼルヌ村の中心部にショッピングセンターがあり、食品やみやげものを売っている。また、島内の参道にも多くのみやげ物屋が軒を連ねている。ラ・カセルヌ村の宿泊施設に泊まると、ショッピングセンターの割引券をもらえる。

ユースフルリンク Useful Links

オフィシャルサイト

Mont Sain Michel  England-flag.gif 

モンサンミシェル観光局の公式サイト。

関連するサイト

Keolis

モンサンミシェル行きバス会社のサイト。

役に立つ旅行記

参考になる本