ユーレイルパス

提供: 旅ウィキ
移動先: 案内検索
ユーレイルパスの紹介.jpeg
ユーレイルグループ事務所.jpeg
ユーレイルグループ事務所2.jpeg

ユーレイルパスとは、ヨーロッパ各国の国鉄や民間鉄道会社、船会社が集まって作ったユーレイルグループが発行する乗り放題の鉄道パス。1959年以来55年以上の歴史があり、学生や定年後のヨーロッパ自由旅行では、定番の必須アイテムとなってる。鉄道網の発達したヨーロッパでは、鉄道が旅行にもっとも適した交通手段となってるが、何カ国か回る周遊旅行では、鉄道料金がかさむし、国ごとに違う言語環境の元、片言言語で切符を買いながらの旅行の不便を解消するために考案された。最近では、旅行形態の多様化に伴い、パスの種類も細分化され、1カ国のみの短期利用者向けのパスも発売されるようになり、航空会社やバス会社などの格安移動手段との組み合わせも考慮して、自分の旅行にあった最適のパスを選ぶ作業が必要となった。

ユーレイルパスの種類

適用国の数による種類

ユーレイルグローバルパスの通用範囲
Eurailpass.png

●ユーレイルグローバルパス

ユーレイルグループに加盟する30カ国(フィンランドスウェーデンノルウェーデンマークドイツポーランドチェコスロバキアオーストリアリヒテンシュタインスイスフランスモナコスペインポルトガルアイルランドオランダベルギールクセンブルグイタリアスロベニアハンガリールーマニアブルガリアクロアチアセルビアモンテネグロボスニア・ヘルツェゴビナギリシャトルコ)の鉄道会社のすべてで乗り放題になる最も通用範囲の広いパス。なお、モナコは、フランス国鉄SNCF)、リヒテンシュタインは、オーストリア連邦鉄道ÖBB)が鉄道を運行しているため、通用国としてカウントせず、28カ国と表示されているサイトもある。

●ユーレイルセレクトパス

上記30カ国からボスニア・ヘルツェゴビナを除いた29カ国の内、隣接する、あるいは航路でつながった選択した2~4カ国で有効になる、通用国限定のパス。2~4カ国の選択は、購入時に行う。各国の鉄道料金の差に対応するため、通用国の選択の仕方によりHigh、Medium、Lowの3つの料金カテゴリーに分かれている。この場合、フランスモナコオーストリアリヒテンシュタインオランダベルギールクセンブルクセルビアモンテネグロクロアチアスロベニアはそれぞれ1カ国として扱われる。ただし、2カ国パスの組み合わせ可能国は下記のように限定されている。

オーストリアクロアチア - スロベニアブルガリアルーマニアフランススイスオーストリアチェコブルガリアトルコドイツポーランドオーストリアドイツクロアチア - スロベニア ハンガリードイツスウェーデンオーストリアハンガリークロアチア - スロベニアイタリアドイツスイスオーストリア イタリアクロアチア - スロベニアモンテネグロ - セルビアギリシャイタリアオーストリアスロバキアチェコドイツハンガリーモンテネグロ - セルビアオーストリアスイスチェコスロバキアハンガリールーマニアベネルクスフランスデンマークドイツハンガリースロバキアベネルクスドイツフランスドイツイタリアスペインブルガリアギリシャフランスイタリアモンテネグロ - セルビアルーマニアブルガリアモンテネグロ - セルビアフランススペインポルトガルスペイン

●ユーレイルリージョナルパス

隣接する、あるいは航路でつながった選択した2カ国で有効になる、通用国限定のパス。2カ国の組み合わせはあらかじめ決まっている。2016年1月1日より、上記、セレクトパスに統合された。現在はリージョナルパスという名称は使われていない。

●ユーレイルワンカントリーパス

国別パスといわれるフランスレイルパススイスパスジャーマンレイルパスブリットレイルパスは、それぞれの国の鉄道会社が発行するパスだが、それ以外の国の1カ国のみに通用するパスはユーレイルグループが発行し、ユーレイルワンカントリーパスと呼ばれる。(以前はナショナルパスと呼ばれていた。)

日数の数え方、人数、年齢による種類

●フレキシーパス

通常のユーレイルルグローバルパスは有効期間の数え方が連続した日数で発行されます。たとえば、1ヶ月のユーレイルパスは、7月10日に使用開始すると、8月9日の24時にその効力を失います。実際の旅行では、何日間か同じ都市に滞在し、実際列車で移動するする日数が10日間しかない場合、乗らない日の料金も入っている高額なパスを買うのは無駄になります。そこで、発売されたのがフレキシーパスです。グローバルパスの場合2ヶ月の有効期間内の任意の(乗車直前に決定できる)5日間/1ヶ月、7日間/1ヶ月、10日間/2ヶ月、15日間/2ヶ月の4種類のフレキシーパスが発行されています。その5日間、7日間、10日間、15日間は連続する日数ではなく、有効期間(1~2ヶ月)以内であればとびとびの日付でもかまいません。ユーレイル系列のパスの場合、セレクトパスやリージョナル、ワンカントリーパスはすべてフレキシータイプで、連続日のパスが発売されているのはグローバルパスのみである。

●セーバーパス

2人以上の旅行者が同一行程で旅行する場合、割引きになる。パスは1枚しか発行されないが、添付のコントロールバウチャーに同行者全員(2~5名)の氏名が記載されているので、その氏名の記載された同行者も同じパスで旅行できる。必ずしも、記載された全員が列車に乗っていないと行けないわけではない。(たとえば、ベルリンまで2人で行き、1人が市内観光をしている間に、1人はデッサウまでパスを使って列車で日帰り旅行をしてくるような別行動はできる。)

●ユースパス

12歳以上26歳未満(満26歳の誕生日より前にバリデーションすれば有効)の若者向け割引パス。

●セーバーパス

2人以上の旅行者が同一行程で旅行する場合、割引きになる。パスは1枚しか発行されないが、添付のコントロールバウチャーに同行者全員(2~5名)の氏名が記載されているので、その氏名の記載された同行者も同じパスで旅行できる。必ずしも、記載された全員が列車に乗っていないと行けないわけではないが、アクティベーション(バリデーション)する時には全員のパスポートが必要になる。

●ユースパス

12歳以上28歳未満(満28歳の誕生日より前にバリデーションすれば有効)の若者向け割引パス。以前は26才未満であった摘要年齢が、2017年より28歳未満に引き上げられた。

●チャイルドパス

大人1人に同行する4歳以上12歳未満の子供は2名まで無料パスが発行される。

ユーレイルパス以外のヨーロッパの鉄道パス

ユーレイルグループの発行するユーレイルパス以外にも各国の鉄道会社の発行するさまざまな旅行者用パスがあり、日本で購入できる。よく利用されるものを紹介する。

ジャーマンレイルパス

ドイツ鉄道会社DB)の発行するドイツ1カ国に有効な鉄道パス。特例として、オーストリアザルツブルグスイスバーゼルまでのすべての列車と、ブリュッセルリエージュまでのDBが運行するICE、フランスストラスブールチェコプラハポーランドクラクフとシュチェチン、ベルギーブリュッセルアントワープクロアチアザグレブデンマークコペンハーゲンまでのDBが運行するICバス。オーストリアのクーフシュタイン、インスブルックイタリアのボルツァーノ、トレント、ベローナボローニャベニスまでのDBまたはOeBBが運行するユーロシティ(EC)に有効である。

スイストラベルパス

スイスの鉄道会社や観光船、バス会社、市内交通など公共交通機関で構成されるスイストラベルシステム全体に有効なスイス国鉄の発行するパス。ユーレイルパスではカバーしていないユングフラウ鉄道の一部、主要都市の市内交通など、スイス観光に欠かせない区間のほとんどに無料で乗車できる。

フランスレイルパス

フランス国鉄(SNCF)の発行するフランス1カ国に有効な鉄道パス。

ブリットレイルパス

イギリスのナショナルレイルの発行するイギリス1カ国に有効な鉄道パス。

ユーレイルパスの価格

価格はユーロ建ての定価が定められているが、レート、手数料、送料、添付資料などは販売店により異なる。主要パスに関しては、旅ステーションユーレイルパス情報センターが世界一安く最安値を保障している。

ユーレイルパスの有効期限

パスの有効期限はパスの発行日から11ヶ月である。(以前は6ヶ月であったが、2016年から11ヶ月に延長された。)アクティベーション(バリデーション)されてないパスは、11ヶ月前までにアクティベーションしないと無効になる。

ユーレイルパスの特典

適用国の国鉄に適用になる他に、無料や割引きになる、私鉄、船、バスなどのさまざまな特典があり、付属のトラベラーズガイド(2013年版まで)に掲載されている。2014年からは、アプリやホームページに特典が発表されるようになった。

国別特典の一覧(最新)(最新)

ユーレイルパスの付属品

Attacheditem image.png

ユーレイルパスはEURONETやACPなどのシステムで所定の用紙に発券された本券と、印刷されたカバーで構成される。カバーのついてない本券のみのパスは無効である。付属品として、ユーレイルパスで有効な鉄道路線や航路が印刷されたユーレイルマップと使用方法が記載されたユーレイルパスガイドがついてくる。

ユーレイルパスの購入方法

ユーレイルパス情報センター他、日本の旅行会社各社で購入できる。原則として、現地での入手は困難。即日発券してほしい場合、欧州エキスプレス社に頼むとよい。また、フランス国鉄とスイス国鉄の出資でできたレイルヨーロッパ社 は、日本での販売の総代理店の1つである。

ユーレイルパスの購入資格

ユーレイルパスは、アルバニアアンドラオーストリアベラルーシベルギーボスニア・ヘルツェゴビナブルガリアクロアチアチェコキプロスデンマークエストニア、フェロー諸島、FYRマケドニア、フランスドイツジブラルタル(英)ギリシアハンガリーアイスランドアイルランドイタリアラトビアリヒテンシュタインリトアニアルクセンブルグマルタモルドバモナコモンテネグロオランダノルウェーポーランドポルトガルルーマニアロシアサンマリノセルビアスロバキアスロベニアスペインスウェーデンスイストルコウクライナイギリスバチカンに国籍のある人で、なおかつ、上記の国に住んでいる人は使えない。それ以外の人はだれでも使用できる。

  • 2016年より留学などで現地に住んでいる人でも、上記の国籍以外の人ならパスの利用資格が認められた。
  • 上記の国や地域に公式にお住まいの方(立証する書類が必要)は、さらにお得なインターレイルパスが現地で購入できる。

ユーレイルパスの使い方

トラベルレポート.png

バリデーション(アクティベーション)

ユーレイルパスは使い始めの日に駅の切符売り場でバリデーション(アクティベーション、有効化)してもらい、初めて使用することができる。旅行中いろんな理由で、取消や変更が発生する自由旅行では、発行時にバリデーションしてしまうと、取消や変更の際に、未使用であることを確認できないため、払い戻しを受けることができない。使い始めの日に現地の駅でバリデーションしてから使用開始できるようになっているのはそのためだ。バリデーションをし忘れて乗車すると罰金の対象になる。通用範囲外から乗車して、バリデーションできなかった場合は、通用国までの切符とパスとパスポートを早めに車掌さんに提示してその旨説明してバリデーションを受ける。

使用日を記入

連続使用日のグローバルパスはそのまま列車に乗車できるが、フレキシータイプのセレクト、国別パスなどは、利用する日付けを自分でパス券面のマスにボールペンで記入する。検札時に記入してないと不正使用として罰金( € 50)の対象となる。

トラベルレポート

パスのカバーについている、トラベルレポートには、乗車する列車の日付け、時刻、区間などを乗車前に記入しなければならない。記入を忘れると罰金の対象となることもあるので注意しよう。使用を終了したら、トラベルレポート部分を切り離して、周囲をのりづけしてポストへ切手を貼らずに投函すること。日本へ帰ってきてからでもOK。しばらくするとお礼の記念品が届く。

現地でのサポート

ユーレイル案内所 (Eurail Aid Office)]

有効各国の主要駅に設置されたユーレイルエイドオフィースでサポートを受けられる。

ユースフルリンク Useful Links

オフィシャルサイト

関連するサイト

  • The Man in Seat Sixty-One England-flag.gif ーイギリス人旅行家マークスミス氏による鉄道旅行サイト、座席表を調べるのに便利。



参考になる旅行記

参考になる本

●ヨーロッパ鉄道時刻表

かつてトーマスクック時刻表と呼ばれていたヨーロッパの鉄道時刻表。現在でも、ダイヤモンド・ビック社から日本語解説付きで年二回(6月中旬、12月中旬)発行されている。長期のヨーロッパ鉄道旅行には必携。ヨーロッパの鉄道の全体を把握するのに最適で、電子時刻検索が一般的な今でも、旅行者のみならず旅行会社や鉄道ファンなど広く読まれている。


関連する広告