リヒテンシュタイン

提供: 旅ウィキ
移動先: 案内検索
リヒテンシュタイン全図

大きな地図を別窓で見る

リヒテンシュタイン公国(独: Fürstentum Liechtenstein、アレマン語:Förschtatum Liachtaschta)、通称リヒテンシュタインは、西ヨーロッパの中央部に位置する立憲君主制国家。スイスオーストリアに囲まれている。首都はファドゥーツ。非武装中立政策をとる。欧州自由貿易連合(EFTA)加盟国。CC BY-SA 3.0104px-Wikipedia-logo-ja.png2013年10月14日 (月) 10:22 (JST)

なお、Wiki-w.jpgリヒテンシュタイン家は、この国以外にも各地に私有地を所有していたため、ドイツ・ザクセン州やドイツ・バーデン・ヴュルテンベルク州にもリヒテンシュタインという地名があるので注意が必要。鉄道駅のリヒテンシュタインドイツ・ザクセン州で、有名なリヒテンシュタイン城は、リヒテンシュタインの首都ファドゥーツにある城(ファドゥーツ城)ではなく、ドイツ・バーデン・ヴュルテンベルク州のシュトゥットガルト郊外にある。

リヒテンシュタインの自由旅行情報

一般 General information

入国

日本リヒテンシュタインとの間には、スイスに準じた査証免除取極が締結されているため、観光などを目的とした90日以内の滞在については、査証の取得は不要です。なお、リヒテンシュタインが加盟しているWiki-w.jpgWikipedia:ja:シェンゲン協定に関し、2013年10月18日より、同域内において査証を必要としない短期滞在については、「あらゆる180日の期間内で最大90日間を超えない」との規定が適用されます(従来は、「最初の入域の日から6か月のうち最大3か月の間」であった規定が変更となったもの)。(外務省サイト2013年10月14日 (月) 10:47 (JST)

時差

気候と服装

言語

通貨と両替

独自の通貨を発行しておらず、Wiki-w.jpgスイスフランが正式通貨となっている。観光客がよくいく場所では、Wiki-w.jpgユーロも通用する。

チップ

治安と安全

海外発着区間航空券もLCCも一発検索・安心日本語サポート

交通 Transportation

日本からの交通

リヒテンシュタインには空港が無く、スイスチューリッヒ空港が最寄りの空港となる。チューリッヒからは、鉄道でブックスへ、バスに乗り継いでファドゥーツへ。

周辺諸国との交通

スイスチューリッヒから

鉄道でブックスまで、所用1時間、直行がない場合、ザンクト・ガレン経由。バスは駅前から出ているリヒテンシュタインバス(LIEmobil)の12番、 Schaan、Triesen行きでファドゥーツへ、所用15分、30分に1本出ている。街の中心はVaduts Post下車。

国内交通

領内を鉄道が通過しているが、鉄道の駅なない。公共交通機関はバスのみである。スイス側のブックス(Buchs)駅が最寄りの鉄道駅。ここから歩いてリヒテンシュタインに入国することも可能。

バス

リヒテンシュタインバス(lIEmobilの路線バスが村を結んでいる。切符は、短距離チケット(2SHF)とゾーンチケットがあり、ゾーンチケットは、1ゾーン内30分乗り放題(2SHF)、2~4ゾーン内1時間乗り放題(SHF3.50~SHF6.40)、5つ以上のゾーン、2時間乗り放題(SHF7.80~SHF11.80)の種類がある。また、1日券(1ゾーンSHF5.60、2ゾーンSHF7、3ゾーンSHF9.60、全ゾーンSHF23.60)や一週間券(ゾーンの広さによりSHF17.00~SHF45.00)があるが、一般観光客は単品で運転手さんからそのつど買うので問題はない。

世界遺産

訪問したい都市・町や村・地域

食事 Foods

[検索窓を表示する]

宿泊  Accommodations
●人気1000+サイト横断!! 格安ホテル一発検索→

買い物 Shopping

ユースフルリンク Useful Links

  • Liechtensteinーリヒテンシュタイン政府観光局のオフィシャルサイト。

役に立つ旅行記

参考になる本