リヴァプール

提供: 旅ウィキ
移動先: 案内検索

別窓で地図を開く リバプール中心部市街図

リヴァプール(Liverpool)は、イギリス中西部の港町。Wiki-w.jpgビートルズの故郷として、その名が知られている。18世紀の産業革命の頃は、リバプール港から輸入された綿花を、世界最初の鉄道で、マンチェスターまで運び、そこで製品化された衣類を再びリバプール港から世界中に輸出する、世界有数の港町だった。世界遺産のアルバート・ドックは、その有数のドック(造船・修理所)の1つだ。また、産業革命により不足した労働力を補うため、アイルランドからたくさんの移民がこの港からイギリスに移住し、アメリカでの綿花栽培のために、たくさんの奴隷が、アフリカからこの港を経由してアメリカや南米に売られていった。三角貿易の拠点の1つとしても知られている、世界唯一の奴隷博物館がリバプールにあるのもそのためである。そのへんの歴史に興味ある人は、マンチェスターマンチェスター産業科学博物館もあわせて見学したい。リバプール市についての詳細はCC BY-SA 3.0104px-Wikipedia-logo-ja.pngを参照。

目次

リヴァプールの自由旅行情報

海外発着区間航空券もLCCも一発検索・安心日本語サポート

交通 Transportation

リヴァプールへの行き方

日本から航空機で

日本からの直行便はなく、運行する航空会社のハブ空港で飛行機を乗り換える。英国航空の場合、ロンドン・ヒースロー空港経由となる。

ヴァージン・トレイン (c) Akio Mukunoki

ロンドンから列車で

ロンドン・ユーストン駅リバプール・ライム・ストリート駅バージン・トレインが、2時間~2時間半で結んでいる。30分~1時間に1本。£32.50~。ブリットレイルパスブリットレイルイングランドパスが使える。

  • イギリス国内の鉄道時刻・料金・検索予約は England-flag.gif →RAIL EASYが安い。

ロンドンからバスで

ロンドン・ヴィクトリア・コーチ・ステーションリバプール・コーチ・ステーションナショナル・エキスプレスのバスが5時間半で結ぶ。1から2時間に1本。£6.50~と格安。

  • イギリスの国内バス(コーチ)時刻・料金・検索予約は、下記。 England-flag.gif 
[ 検索窓を開く ]

空港と駅・ターミナル

Wiki-w.jpgリヴァプール・ジョン・レノン空港

リバプールの国際空港。国内線も発着する。

リヴァプールライムストリート駅

リバプールの玄関駅。ロンドンからの列車はここに着く。

リヴァプール・コーチ・ステーション

各都市からの中、長距離バスは、ここ発着。

市内交通

バス

タクシー

●世界最大級の現地ツアー検索サイト→[ 検索窓を開く ]

観光 Sightseeing

リバプール市内のみどころ

アルバート・ドック

リヴァプール港の中心的ドック(船の建造・修理工場)だった場所。世界遺産。

ザ・ビートルズ・ストーリー

ビートルズに関する博物館。アルバート・ドックにある。

マージーサイド海事博物館

港の歴史や奴隷貿易のようすが展示してある博物館。アルバート・ドックにある。

キャヴァーン・クラブ

ビートルズがライヴをしていたジャズクラブを復元した店。無料ライヴが楽しめる。(木~日の夜は有料)

リバプール郊外のみどころ

ストロベリー・フィールド

ジョン・レノンが幼いころを過ごした孤児院のいちご農園跡。

リバプール発着の現地ツアー

ホップオンホップオフ観光バス

ダブルデッカーに載って、市内の主要観光地をめぐるツアー。乗り降り自由。

リバプール・ダック・ツアー

水陸両用車に載って、リバプール港を陸と海から見学する。1日5便、所要時間55分。

マージー川クルーズ

アルバート・ドックのあるマージー川の河口付近をクルーズ船に乗って観光する。降りる場所により4コースある。


食事 Foods

トリップアドバイザーのリバプールのレストランランキング

おすすめのレストラン

ドックランズ・フィッシュ・アンド・チップス(Docklands Fish and Chips)

イギリスの伝統的昼食、フィッシュ・アンド・チップスを試してみるならここ。世界遺産アルバート・ドックの中にある。

[検索窓を表示する]

宿泊  Accommodations
●人気1000+サイト横断!! 格安ホテル一発検索→

おすすめの宿

ハード デイズ ナイト ホテル (Hard Days Night Hotel)★★★★

ビートルズファンに人気のホテル。ビートルズがライブを行っていたキャヴァーン・クラブ(Cavern Club)徒歩1分の至近距離にある。ホテル内にはビートルズの写真などが飾ってある。人気ホテルなので、早めの予約が必要。ツイン£90~。

ザ ライナー アット リヴァプール (The Liner at Liverpool)★★★

リヴァプール・ライム・ストリート駅に隣接する抜群のロケーションで、鉄道の旅にはうってつけ。価格もそこそこで評判もいい。ツイン朝食付 £54~。

プレミア イン リヴァプール アルバート ドック (Premier Inn Liverpool Albert Dock)★★★★

世界遺産、アルバート・ドックの中にあり、ビートルズ・ストーリーの入り口のすぐ隣の抜群のロケーション、リヴァプール・ライム・ストリート駅までは、すぐ前から送迎バスが出ている。泊まった人の評判も抜群(8.7/10)。シングル朝食付£83.25~、ツイン朝食付£91.50~。バリアフリールームも同一料金。(2011秋--椋木昭夫トーク))

YHA リバプール (YHA Liverpool)★★★★

リヴァプールのユースホステルはなんと4ツ星である。男女別ドミトリー£11~と割安。アルバート・ドックまでは歩いていける。

買い物 Shopping

ビートルズ関連グッズ

ビートルズ関連グッズは、キャヴァーン・クラブビートルズ・ストーリーの出口にあるオフィシャルショップの他、下記マシュー・ストリートにも店がある。

●マシュー・ストリート

キャヴァーン・クラブのある通り。かつてビートルズのメンバーたちがよく遊びにいっていた場所。

ナイトライフ Night Life

ライブハウス

キャヴァーン・クラブ

リヴァプール時代のビートルズがライブをしていたキャバーンクラブを再現した店。

ユースフルリンク Useful Links

オフィシャルサイト

Visit Liverpool

リバプール市観光局日本語サイト

関連するサイト

役に立つ旅行記