ルアンパバーン

提供: 旅ウィキ
移動先: 案内検索

ルアンパバーン郡(英語:Luang Prabang)は、ラオス北部に位置する古都。過去にはタイ語からのローマ字表記が使われていたためルアンプラバンあるいはルアンプラバーンとも表記される。市街地自体が文化遺産としてユネスコの世界遺産(ルアン・パバンの町)に登録されている。ラオスの首都ヴィエンチャンからメコン川を約 400 キロメートル上流にさかのぼったカーン川(英語版)との合流場所に位置する。人口約 60,000 人。CC BY-SA 3.0104px-Wikipedia-logo-ja.png2013年10月10日 (木) 13:41 (JST)

ルアンパバーンの市街図

大きな地図で見る
Luang Prabang Phou Si 2.jpg
LuangPrabang VatXiengThong1 tango7174.jpg

ルアンパバーンの自由旅行情報

海外発着区間航空券もLCCも一発検索・安心日本語サポート

交通 Transportation

ルアンパバーンへの行き方

日本から航空機で

日本からルアンパバーンへ行く最短ルートは、ベトナムハノイ経由。ヴィエンチャンを経由しないでも行ける。●ルアンパバーン行き格安航空券(安い順)

周辺都市から航空機で

ヴィエンチャンからラオ航空の定期便が1日6便。ベトナム航空の定期便が1便飛んでいる。

ルアンパバーンの空港と駅・ターミナル

ルアンパバーン国際空港

ルアンパバーンの空の玄関口。観光客の増加に伴い、近年改修が行われた。

ルアンパバーンの市内交通

バス

タクシー

●世界最大級の現地ツアー検索サイト→[ 検索窓を開く ]

観光 Sightseeing

市内の見所

ワット・シェントーン

ルアンパバーンで最も荘厳な寺院。

国立王宮博物館

フランス植民地時代の1904年に当時の王シーサワンウォンとその家族の宮殿とし て立てられた。メコン川沿いに位置し、メコンを旅してきた公式客を出迎えるた めの桟橋を備えている。現在は博物館になっており、世界各国からの贈呈品や黄 金仏などが展示されている。

●ワット・マイ・スワナプーマハム

●ワット・マイワ

●ワット・ビスンナラート

●朝市

●ナイトマーケット

Markt Luang Prabang.jpg

郊外の見所

●パクウー洞窟

王宮博物館前の桟橋より船で約2時間、メコン川をおよそ35km遡る。メコン川とウー川が合流した地点に現れる洞窟。ここには「タムティン洞窟」と「タムプン洞窟」の2つの洞窟がある。タムティン洞窟には、4,000体といわれる数の仏像が安置されており、長期に渡って神聖な場所として崇められてきた。16世紀にセ タティラート王により発見されたといわれている。現在も尚、人々が仏像を奉納するため、仏像の数は増え続けている。

●タート・クアンシー

市内より南に29kmに位置する滝。メコン川の支流のひとつで滝壷は深い緑色の 水をたたえている。

サンハイ村

(英: Ban Xang Hai)ラオス焼酎「ラオラーオ」造りで有名な村。酒造りの様子の見学や出来上がった酒の試飲が出来る。ルアンパバン市内からパクオウ洞窟に行く途中に立ち寄れる。 

ルアンパバーンの現地ツアー

食事 Foods

ルアン パバーンのグルメ・ベストレストラン

トリップアドバイザーによるレストランランキング。

おすすめのレストラン

[検索窓を表示する]

宿泊  Accommodations
●人気1000+サイト横断!! 格安ホテル一発検索→

おすすめの宿

ヴィラ バン ラッカム (Villa Ban Lakkham)★★★

場所がよく、値段も手頃な割安ホテル。泊まった人の評判もまずまず。バルコニーのあるリバービューを指定しよう。ツイン US$77~。

買い物 Shopping

ユースフルリンク Useful Links

役に立つ旅行記

参考になる本