外貨

提供: 旅ウィキ
移動先: 案内検索

通貨は国ごとに違っていて、海外旅行では自国の通貨をどこかで渡航先の通貨に両替しなければいけない。ここでは、その方法と最も得な両替方法などを解説する。

現金

現金は、当然のことながら最も通用範囲が広く、相手にも喜ばれるので、どんな旅行であれ、最低限携帯している必要がある。また、チップの必要な国では、多くの小銭を用意する必要がある。主要国通貨は、日本の銀行や金券ショップ、出発時の空港で両替することができる。また、現地の銀行や両替所で日本円から現地通貨に両替することができる。隣接国などを除き、お札以外のコインは両替できない場合が多い。一般に、その国の通貨は、通用国で最も価値が高いので、隣接国などの場合は、出国する前に両替する方がレートがよいはずであるが、実際は、需要と供給、旅行における両替場所の限定(市場の独占)などの要因で、日本の空港での両替は、レートがかなり悪い。また、通貨の国際的通用度や貿易量などにより通貨の価値が変わるので、損得は国別編を参照してほしい。日本円は、大部分の国で、現地通貨に両替できる。しかし、現金は便利である反面、現物の移動を伴うので、トラベラーズチェックやクレジットカードよりスプレッド(売り値と買値の差)が大きく、両替時の目減りが大きい。また、多額の現金を持ち歩くことは危険も大きく、クレジットカードの通用範囲の広い国では最小限持っていればよい。現地通貨を現金で入手する最も目減りしない方法はカードキャッシングである。わずかなスプレッドと手数料(金利、数万円両替しても数百円)で現金が24時間ゲットできる。両替商(闇を含む)がお得な場合もあるが、信用できるところかどうかが、実際現金を手にするまでわからないので、カードキャシンングのほうが無難である。ユーロや米ドル、オーストラリアドルなどは、FXを利用してお得に両替できるサービス(マネーパートナー)もある。また、日本で外貨現金両替を行う場合は、主要都市のターミナル駅周辺の金券ショップでお得に両替できる。特定の国を何回も旅行する場合は、都市部のレートのいい金券ショップなどで両替し、現金で保有し、帰ってきても再両替せずに保有する方法が最も目減りしない方法となる。

トラベラーズチェック

トラベラーズチェックは、その名のとうり、旅行者用の小切手である。上下2カ所にサイン欄があり、1カ所は購入したとき、2カ所目は使用するとき、相手の目の前で署名して使うことができる。発行時には手数料を取られるが、盗難にあったとき払い戻しを受けられる。現金と同じように、銀行でその国の通貨の現金に両替することができる。その国の通貨のトラベラーズチェックをその国の通貨の現金に換える場合は、手数料を取られる場合が多い。また、他の通貨に両替する場合のスプレッドは、現金よりも小さく、購入時の手数料を加えても、現金より得になる場合が多い。

2014年3月末で、日本国内における少なくとも大手ブランドのトラベラーズチェックの販売は終了している。また、すでに購入したトラベラーズチェックの現金化は、当該通貨国内の金融機関であれば、現在でも容易に可能な場合が多いようですが、それ以外の国や地域においては不可能になりつつあります。たとえば、2014年1月以降、シンガポールの両替屋や金融機関で日本円および米ドル建てのトラベラーズチェックを現金化したり現地通貨に両替することは、ほぼ不可能です。尚、米国内において、アメリカンエキスプレスの米ドル建てのトラベラーズチェックはは、2014年10月現在、販売が継続されております。(桂秀光)

クレジットカード

今や、海外旅行の必須アイテムの1つになった。キャッシング枠付きのカードは、現地で現金をほしいとき、比較的いいレートで現金を得られる。キャッシュディスペンサーは24時間使えるところも多く、カードの使える店もどんどん広がって、マイルなどのポイント特典とあいまって、カードの通用範囲の広い国ではなるべくカードを使った方が得になる。手数料は、キャッシング手数料(1ドル程度)と引き落ちるまでの金利(最大40日間ぐらいで1~2%)が加わる国や、手数料はかからないが、その分レートに上乗せされている(1ユーロで3円程度)国がある。ただし、発展途上国や倹約旅行をする場合、カードの使えない国や店はまだまだ多く、キャッシングでなくても、カード支払いの場合は、支払金額に手数料を上乗せされる場合もある。レートはキャッシュディスペンサーが設置されている場所や銀行により異なる国がある。一般に市中が安く、空港が高いのは、現金の場合と同じである。国別編で事前研究が必要。盗難対策や限度額対策、通用範囲を広げるためにも、2~3種類のカードを持っていた方がいい。国際カードとしては、VISA、MASTERが最も通用範囲が広い。このどちらかは必ず必要。AMEXは、付帯サービスが旅行者向けで、トラベラーズチェックとともにこの分野の草分けで利用者も多い。また、クレジットカード保持の特典の1つに海外旅行傷害保険がある。毎年海外旅行をする人にとっては、この内容もカード選びの重要な基準となる。持っているだけで、航空券などをカードで買わなくても保険が自動付帯するカードがベストだ。あとは、いくらの買い物でマイルがどれくらいたまるかなど比較して、最も年会費の安いカードを選ぶのが賢明である。JALカードやANAカードはこれらの条件を満たしている場合が多いので検討してみよう。

プリペイドカード・デビットカード

大手旅行会社や銀行は、クレジットカードと異なり、銀行口座から使った分だけ引き落ちるタイプのプリペイドカードやデビットカードを発行しており、海外支払いやキャッシングできるものも多い。中国では、銀聯(ギンレン)カードがそれにあたり、三菱UFJニコスと提携したJALカードを作ると同時に発行してもらえる。中国旅行には必須である。クレジットカードに比べて、両替手数料は高いが金利がかからないので、キャッシングに使うだけなら金額によりお得な場合もある。

銀行カード

最近は、外資系の銀行カードで、外国のキャッシュディスペンサーからお金を現地通貨で引き出せるカードもあるので、自分の銀行のホームページなどをチェックしておこう。最も、留学や仕事で行くのでなければ、クレジットカードで十分。

参考 - 新生銀行・スルガ銀行・楽天銀行やシティーバンクなどの外資系銀行。

ユースフルリンク Useful Links