掛川

提供: 旅ウィキ
移動先: 案内検索
掛川全図(新グーグルマップを使いこなす

掛川市(かけがわし)は、静岡県西部の都市。江戸時代に東海道の主要宿場町として、また掛川城を核とした城下町から発達した地方都市である。佐野郡、および、小笠郡に含まれ、牧之原台地のすぐ西に位置している。安土桃山時代には山内一豊の城下町であったため、この縁で高知市(高知県)との交流関係が深い。江戸時代には掛川藩、横須賀藩の城下町となり、東海道掛川宿、日坂宿の宿場町でもあった。2005年4月1日に、旧掛川市、大東町、大須賀町の1市2町が合併して、現在の掛川市となった。農業が主要産業の一つであり、緑茶の栽培は全国屈指の産出量を誇る。牧之原市が成立するまでは、荒茶の生産量全国1位であった。東海道新幹線掛川駅や東名高速道路掛川インターチェンジとともに工業団地の誘致に成功、拠点都市としての性質を強めると同時に製造品出荷額1兆円を超える県内有数の工業都市となった。その結果、脆弱であった財政基盤は大幅に改善され、2006年には財政力指数が1.033に到達、初めて普通交付税不交付団体となった。しかし、2006年度末には借入金総残高が1016億円に達し、実質公債費比率が18%を超過したため地方債許可団体となった。また、「スローライフ」を宣言しており、郊外化やスプロール現象の促進とは正反対で、中心市街地の活性化で個性を強化する路線を掲げており、中心市街地活性化法(TMO)の実践が顕著である。倉真温泉、法泉寺温泉など市内各所の温泉街や掛川花鳥園などの観光地を訪れる観光客も多い。また、1970年代には吉田拓郎やかぐや姫、2000年代にはap bankなどが野外コンサートを開催するなど、ロック・フェスティバルの街としても知られている。さらに、掛川市役所や掛川警察署の公式ウェブサイトにて流れるテーマ曲が話題となる。CC BY-SA 3.0104px-Wikipedia-logo-ja.png

掛川の自由旅行情報

海外発着区間航空券もLCCも一発検索・安心日本語サポート

交通 Transportation

掛川への行き方

●鉄道で

東京方面からは、東海道新幹線こだまで、東京から1時間45分、東海道本線の快速電車なら熱海乗換えで、4時間前後。普通大人運賃は4000円。こだまは特急券(自由席)が別途3340円。大阪方面からは、東海道新幹線こだまで、新大阪から、直行2時間強。ひかりとの乗り継ぎで1時間半。快速電車なら4回乗り継ぎ、4時間半。普通大人運賃は5620円。自由席特急券は、4090円。(乗換え案内

掛川の空港と駅・ターミナル

掛川駅

東海旅客鉄道(JR東海)、東海道新幹線・東海道本線および天竜浜名湖鉄道の駅。掛川の表玄関となる駅。

掛川の市内交通

バス

タクシー

●世界最大級の現地ツアー検索サイト→[ 検索窓を開く ]

観光 Sightseeing

掛川の見所

掛川城

再建された天守閣から市内を一望できる、掛川のランドマーク。

掛川の現地ツアー

食事 Foods

おすすめのレストラン

[検索窓を隠す]

宿泊  Accommodations
●人気有名ホテル予約サイト20以上を横断!! 最安値を一発検索→

掛川駅前のおすすめホテル

ホテル アイシス 掛川

東海道新幹線・天竜浜名湖鉄道「掛川駅」徒歩2分!2009年6月オープン!新しく綺麗なホテルで快適!無料朝食サービス♪通常11時チェックアウト♪

くれたけイン・掛川

JR掛川駅北口から徒歩1分。朝食は無料サービス・50台無料駐車場完備。ビジネスブースにはコピーやFAXも設置しておりビジネスにも観光にも最適。

買い物 Shopping

アクティビティー Activities

バリアフリー情報 Barrier free

ユースフルリンク Useful Links

役に立つ旅行記

参考になる本